⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ

最近、耳にする機会も増えてきた仮想通貨・・・その中でも最近、注目を集めてる「ノアコイン」のプレセール価格と詳細について解説していきたいと思います。

まだ仮想通貨やノアコインについて詳しく知らない方は、この記事を読んで是非参考にして頂ければと思います。

仮想通貨ノアコインのプレセール

ノアコイン プレセール

まずは、ノアコインのプレセール期間は4つに区切られ分けており、第一期、第二期、第三期、第四期とそれぞれの期間に別れて販売されます。

交換金額もしっかり分かれています。

ノアコインのプレセール価格

それは、代表をして第一期の価格と詳細についてどれくらいでノアコインを交換できるのか?

例題を出して、説明してみます。ノアコインの注文単価(プレセール中)は、最低交換ン金額が、1口:$1000 で120000円(第一期プレセール期間中)

この時、ビットコイン相場が、計算しやすくする為に、1BIT=120000円と計算しております。

172800 NOAH となります。

なお、1NOAH =約0.69円(第一期)~ 約0.84円(第四期)となります。

ノアコインのプレセール期間と詳細

ノアコインのプレセール期間と詳細

ノアコインは、2017年の一月から、4期に分けてプレセール、

第一期は、$1(1月11日~2月19日)

第二期は、$1.14(4月3日~5月28日)

第一期と第二期では、交換出来る国が、日本とフィリピンと2ケ国限定となっており、他の国の人達にはかえない様に、日本とフィリピンが優先的に交換できるように図られていますね。

第三期は、$1.18(7月24日~10月1日)

第三期には、グッと交換出来る範囲は増えて、アジア圏内となっており、

第四期は、$1.22(12月11日~4月30日)

この第四期では、世界国全てが交換可能地域となっており、各国の全ての人がこのノアコイン交換ができるシステムとなっています。

この様に、価格を上昇しながら「交換休止期間」を用意しておくことで、「早めに買った方がお得感がでてきてトク」と言うイメージから交換を励ますのが一般的です。

ノアコインと怪しい詐欺コインとの違い

ノアコインと怪しい詐欺コインとの違い

ここで注意点があります、ノアコインの交換金額の値上がりをしていませんが、200%、1000%ともっともっとこのプレセール期間で値上がりをさせるものありますので、そういたった銘柄には十分、注意をしてください。

もっとも怪しい暗号通貨なのですよ。なぜならば、第一期でその暗号通貨を交換して、第二期、第三期と迎えてゆくたびに金額が増えてゆくので、オープンする前に、皆さんがコインを交換して利益を出して利益を確定してしまいます。

オープンの日を迎えたらもう、誰もいなくなってしまい、すると、、、その暗号通貨自体の値段が崩れてしまい、誰も買わなくなります。

(いきなり売り注文が殺到するため、価格が暴落して、誰も買いたくありません。)

そうして市場に定着することなく、消えてゆくのです。

プレセール期間の過度な値上がりには気をつける

プレセール期間の過度な値上がりには気をつける

このような暗号通貨を「偽物案件」といいますが、過度な値上がりを期待させている案件は、十分注意をしなければなりませんが、少なくともプレセール期間に大きな値上がりをする案件にはかなり怪しいと思ってください。

プレセール期間には大きな値上がりをすることで儲かるのは、胴元(開発チーム)のみあなたの大切なお金が、開発者の懐に入って、おしましです。

目安として、プレセール期間中の値上がりが2倍を超えると危険ラインと思ってよいでしょう。あくまでも目安ですがの、これ以上になると第一期で交換したひとは売り抜けたい気持ちになるというレインが2倍となるのです。

けれども、このノアコインでは、その兆候もなく、プレセール価格の上昇がわずかに上がってゆくやり方うぃしている所を見ると「あ~あ、安心して交換ができる通貨なのだ。」と改めて確認ができますね。

というように、このような期間もしっかり用いていて、晴れて待ちに待った、2018年6月12日にノアコインが待ちに待った公開日の予定となっていきます。

ノアコインの価格上昇の秘訣!!

ノアコインの価格上昇の秘訣!!

第一期から第四期とプレセール期間中に金額が徐々に価格が上がってゆくかたちになっているので、第一期でのプレーセール期間中に交換した方がずーとおとくとなっております。

仮想通貨こと暗号通貨はに投資をする場合ですが、暗号通貨は市場に定着をすることで(欲しいと思う人がたくさんいることで)お金として認めれて、価値が上昇します。

逆に言うと、欲しい人がいない暗号通貨を手に入れてしまったら将来的にゴミクズになってしまいます。

そうなってしまうと、交換に使ったお金は増えたり戻ってくるどころか1円にもならないとうい悲劇な結果になりかねません。

皆さんがご存じの円紙幣などは、発行枚数に制限がなく、現在の日本銀行などは、紙幣をすりまくっていいるのでいずれお金=紙幣がゴミクズとなりえますよね。

でも仮想通貨は、紙幣通貨と違いって発行枚数が決まっています、暗号通貨は、円やドルと同じで、どれだけの必要とされているか?で相場が変わってゆきます。

つまり暗号通貨の価値は、

ユーザーの参入数 x 通貨の総量

で決まっていくのです。

つまり、このノアコインの発行枚数は、全部で2160億NOAHです。そのうちの432億 NOAH コインがこのプレセール期間中交換される枚数の運びとなっています。

ノアコインの販売金額と伸び率

ノアコインの販売金額と伸び率

  • 第一期では、23.11億 NOAH
  • 第二期では、55.85億 NOAH
  • 第三期では、111.88億 NOAH
  • 第四期では、241.16億 NOAH

と徐々に交換枚数が上がってゆき、プレセール交換期間中で計432億 NOAHとなっていきます。

ノアコインの発行枚数を決めることで、価格の上がり方を大きくしようしているのです。この交換枚数をたんなるの数字の表記か~って思わないでくださいね。

ここに公開金額が大きく変わってくる謎が解読できることなりますので見過ごさないでくださいね。仮想通貨は、全て人気で相場が変わってきていることを忘れないでください、そうです。

ここにいくらになるか予測金額がわかるのです。はい、計算が得意な人は、電卓たたいてくださいね。しかも、このノアコインでは、配当率というものが発生してきます。

BITコインではないかったもののいわゆる権利収入みたいなものが発生して、毎年年利が、0.86倍となっております。

1年目には、20%・ 2年目には、17.20% ・3年目には、14.70%とつづき40年目には、なんと0.06%と下がってくるので交換時期が早ければ早いほど、面白いことなるのです。

ノアコインと泉忠司

ノアコインと泉忠司

ノアコインと言えば「泉 忠司さん」ですよね。もう仮想通貨と言えば、泉忠司さんとは切っても切れない関係になっています?私も友達にも、「泉忠司さん」の言ったらイメージは、仮想通貨の先生って答えていましたよ。

やはり、前回に仮想通貨エイダコインでの泉忠司さんの影響がかなりねずよく、かなりのインパクトとなってます。

昨年末に、泉忠司さんから「仮想通貨バイブル」と仮想通貨についてのバイブルが発売され、もっとも一部の人しか手にはいらないものでしたが、仮想通貨に関して、かなり詳細なことが書きだされています。

そこの書かれていた、もっともメインだったのが、この「ノアコイン」だったのです。この仮想通貨ノアコインは、国家を巻き込んだ巨大プロジェクトだったのですよ。

その国家とは?

仮想通貨ノアコインとフィリピン

仮想通貨ノアコインとフィリピン

この仮想通貨ノアコインは、フィリピン国からきています。

フィリピン国をも巻き込み、仮想通貨を復旧させて、貧困などの国家問題をいくつもの問題を一気に解決にもって行こうしている一代プロジェクトなのです。

もう、動画はみられましたか?それは、非常に感動的な動画でした。

ようするにフィリピンという「アジアの病人」とまで言われてきてしまった国家が、今、大きく変わろうとしています、そのキッカケをつくる起爆剤のようなプロジェクトの一つが、「この仮想通貨ノアコイン」なのです。

それも、どのくらい本気で復旧活動を起こすのかは?とういと、国家レベルで動いており、ノアシティーをいつ近代都市を一個作れるぐらいのレベルなのです。

因みに、何故にフィリピンの仮想通貨が泉 忠司さんが絡んでくるのか?それは、そもそも泉忠司さんも住んでいる国なのですよ。

フィリピンに仮想通貨ノアコインの必要性

フィリピンに仮想通貨ノアコインの必要性

フィリピン国は、出稼ぎで海外からの送金が非常に多い国であります。

そこで「フィリピン国への海外送金問題をなくそう!!」となった時、海外送金!?って、そうです、そこで仮想通貨のメリット!!海外送金が安く!、早い!のが特徴ですよね。

実際に、高額な銀行手数料を支払いながらフィリピン国への送金を行っている事実、その金額は、なんと3兆円規模になっている。

しかも、そんな高い手数料を支払わないで送っている金額はもっと多いのだとおもいますよね。そこで、是非に使いたいものがこの仮想通貨ノアコインなのです。

まとめ

どうでしたか?今回はノアコインのプレセール価格と詳しい内容について個人的な考えを述べてみました。

仮想通貨は今後更に需要が伸びていくジャンルだと思いますので、気になる方は、この機会に是非挑戦してもいいかもしれませんね。

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する