⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ
今話題の仮想通貨でなんと億万長者さんが既にいます。

この仮想通貨で億万長者になった理由と今後、同じく今後も仮想通貨での億万長者が現れるのか?を検証してみたいと思います。

仮想通貨で億万長者誕生

仮想通貨で億万長者になった人ってホントにいるの??

夢の話でしょう?って方いませんか、ホントにいますよ。

まずは、仮想通貨で億万長者になった方がを紹介してゆきますね。

ビットコイン長者

ここでは、ビットコインでの億万長者さん達を紹介してゆきますね。

仮想通貨ビットコインでどんな人なんでしょうか、

ジャレッド・ケンナ氏

推定資産5億の持ち主です。

彼が30歳の時に1ビットコイン=20円の時に、5000ビットコインを交換して保管していた。

その価値が今では2億5000万円なり・・・・現在では、その資金をもとにビットコイン取引所を作り、その後、見事に会社がうまくいっていて大成功しているそうです。

コンスタンティン氏(仮名)

仮想通貨ビットコイン長者として、ビットコインコミュニティで有名な方です。

また、ニックネームは、ビットコイン・フィクサーと呼ばれていて、人々から彼を陰のビットコイン支配者と呼ばれているほどの影響力の持ち主。

元々は、コインピューターオタクでした。

ビットコインが20円台の頃に購入をし、ビットコインの普及の活動を続けいました。

気が付けばまたも、彼はビットコイン長者の仲間入りをして、資産は3億以上とも言われています。

ロジャー・バー氏

おっ、この私も知っているほどの有名なビットコイン長者です。みなんもご存じですか?

伝説のビットコイン・ジーザスの一人。

※ビットコイン・ジーザスは、簡単に言うとビットコイン長者

ビットコインをはじめとする仮想通貨がスタートする時によく参加する投資家で、別名もエンジェル投資家とも呼ばれています。

バー氏は、現在1ビットコイン約12万円でが、近く、1ビット100万、1000万円にはなるだろうと語っている方です。

クリストファー・コッホ氏

推定資産は、約1億円です、彼は、2009年に暗号化をテーマに卒業論文を書いていて、途中ビットコインのことを知り、気まぐれで$27分の5000ビットコインを交換し、約4年後ビットコインが騒がれるようになり、その時にビットコインを交換したことを思い出し、ウォーレットのパスワードを探し出し確認してみたところ、なんと約1億円相当になっていたという伝説の持ち主です。

そうです、彼がビットコインを交換したことも忘れて、気づいたら億万長者になり、一等地マンションを大人買いした人ですよ。

ウィンクルヴォス兄弟

あのフェイスブックの発明者で有名なウィンクルヴォス兄弟も、流石に先見性の目があり、ビットコインがまだう安値だった頃に大量購入し推定資産は、なんと約11億円だそうです。

この兄弟は、すでに自分のフェイスブックにて、「ビットコインは、私のフェイスブックより巨大になる」と断言しました。

中には、愕然とした人も

イギリス人のジエームズ・ハウエルズさんは、ビットコインがほとんど金額がついていない頃に、2009年に7500ビットコインこ交換した。そのビットコインの記録を残したハードディスクに保存してありましたが、引っ越し時にその存在さえ忘れてしまい、何も考えなしに捨ててしまったとのことでした。

数年後、ビットコインの存在を思い出し、ゴミ処理場まで探しにいきましたが、大きさはサッカー場の広さで、既に埋め立てられており「こいつは見込みなしだな」と嘆いたとさ。

実は、日本人も交換していた。

2009年ころ、知り合いからこのビットコインの交換の話があり、日本人の方が約20名ほどの方が交換されていましたが、まさかこんな金額になるとは知らず、ほとんどの方が、凄い金額になる前に交換されてしまったのです。残念。

非公開ですが、もしかしたらビットコインを交換して未だ所持しているもの忘れている方も存在する可能性もあるのです。

あとは、仮想通貨ビットコインの知名度が上がってきた時に、大金をこのビットコインに交換して、かなりの金額になっている方が増えてきている話もよく聞きますね。

仮想通貨の将来性

新しいお金の進化、今後、この仮想通貨の将来は?未来はどうなるのでしょうか?

魅力の送金システム

仮想通貨と言えば、IT技術を使っている為に、今までに紙幣では出来なかったサービスが、沢山でてきます。

一番考えれらることは、「送金システム」早く相手に届き、手数料が安いことです。

そのシステムを取り入れようとしているのが三菱東京UFJ銀行のMUFGコインです。

しかも、日本の銀行がどこかの国の支払いで、数十億の金額をこの仮想通貨リップルを使用して支払いを行ったと新聞記事になっていました。

このことから、「仮想通貨が投資で稼げる」と個人の取引ではなく、

メガバンク(企業参加)までもがこの仮想通貨を使用しはじめている現実があるのです、

つまりは、仮想通貨の利用が個人取引から企業レベルに持ち上がってくるという点です。

取引量が推定15兆円超え!?

仮想通貨ビットコインが、現在の取引量が約2億円程度です。

皆さんが,ビットコインが15万円超えた~って喜んでいますが、これは個人間の取引量なのです、日本人の方は、未だに「仮想通貨ってなに?」「ビットコインって聞いたことあるね~」の程度の知名度なのですよ。

この記事を読んで下さっている方は、先見性の目をもってこの仮想通貨に注目視されている方なので、最新の仮想通貨の情報を手に入れているのですよ。

投資と考えた場合は、仮想通貨ビットコインは、約2億円程度。

日本の株式、投資の交換量は、約15兆円規模なのです、仮想通貨取引の金額が全然少ないのです。

仮に、日本人が、この「仮想通貨の投資が面白い、儲かる」って気づいたら

株式投資額、 約15兆円規模

仮想通貨投資規模 、約2億円規模に参加したら、

エンジェル投資ロジャー氏の言う通り、1ビットコイン約10万円が、100万円や1千万円台の

交換相場も夢じぁなくなり、現実のものとなるでしょうね。

仮想通貨での泉忠司さんの発言!!

私はもともと、株式のことも少しばかりですが知識があったので、泉忠司さんから、この仮想通貨の話を聞いた時、「1円が数億万円に替わる」っていうキャッチセールスを聞いた時は、「またまた、そんなたわごとを言って~どうするのさぁー」って、思っていましたが、株式のことを視野に入れると、まじで家ではなく自分のビルが建つぞーと思う様になってきました。

その可能性は十分にあると思いますし、期待感も高まってきましたね。

仮想通貨でホリエモンさんは?

あっ、この人を忘れていました。

仮想通貨でホリエモンさんも稼いでいましたね。汗

仮想通貨イーサリアムを20万円で購入をし、35倍の700万円になった!!

この話題は、ホリエモンさんと友人の社長と2人で飲んでいたと所、酔った勢いで、ホリエモンさんが「この通貨買っておいた方がいいよ」と言われ、友人の社長は、そのまま70万円分を交換して、わずか数か月で35倍の700万円もの金額を儲けてしまったという話です。

私も、もう1年前にこの仮想通貨のことを知っていれば、イーサリアムを交換してましたよね‥

「後悔先に立たずです。」

仮想通貨の3パターン

仮想通貨には、波の流れには、3つのパターンを理解しておいてくさいね。

簡単に説明します。

1:白亜紀(公開したての頃)

2:氷河期(沈黙します)

3:バブル期(花を咲かせます)

以上の3パターンになります、仮想通貨のすべてにこのパターンが当てはまります。

時期や伸びしろはさまざまなので、一概には言えませんが、仮想通貨イーサリアムは、ちょうど②の氷河期から③のバブル期を迎えていたのです。

そのことを勉強していたホリエモンさんは、見事、予測的中し大金を稼ぐことができたのです。

まとめ

仮想通貨で稼ぐのでしたら、プレセール価格からの公開価格のレバレッチは非常に大きいのではないでしょうか。

詐欺通貨と呼ばれているものをよく調べて、判断して交換すること

氷河期からバブル期を狙って相場価格の上昇のタイミングをつかむ

仮想通貨の値上がりの理由は、まさに需要と供給でなりたっていますので、各国の要人発言や戦争やトラブルには非常に敏感に相場価格も反応しますね。しっかりと情報を仕入れているように友人との連携も大事ですね。

無理な投資をするのではなく、色んなものから情報を仕入れこの仮想通貨の投資をしてゆく。

また、ホリエモン氏のように仮想通貨に詳しい人とも繋がっていると思わぬ方向からも朗報があかもですよ。
メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する