⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ

仮想通貨という言葉は、今やテレビやネットなど様々なメディアを中心に目にすることが多くなりましたね。ビットコインに関するニュースなどは記憶に新しいのではないでしょうか?

2017年は「仮想通貨元年」と言われることもあるほど、日本でも仮想通貨の普及率は広がっており、世界中で仮想通貨の需要は年々高まっていっています。

では仮想通貨の需要が高まっている理由とは、どのようなものでしょうか?今回は、そんな仮想通貨の魅力や利点(メリット)について解説していきます。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上にデジタルな状態で流通する通貨で、安定して世界中で利用出来る通貨を目指して作られたものです。

正式には暗号通貨と呼び、暗号理論を用いることで安全性の確保し、法定通貨に代わる次世代の通貨として発行されたデジタル通貨です。

仮想通貨とは!?分かりやすく解説!

仮想通貨の特徴は?

仮想通貨には大きく分けて、3つの特徴があります。

発行管理者がいない

私たちが普段使っているお金(法定通貨)は、政府や中央銀行など管理者が存在します。必要があれば通貨を追加で発行する権限も持ちコントロールされています。

それに対して仮想通貨には管理者がいないのが大きな特徴です。それゆえコインの発行枚数の総量は決まっており、「金」と同じように単純に需要の高さによって価値が上下します。

不正なや悪用の防止のための暗号化の技術が使われている

仮想通貨には管理者はいませんが、ブロックチェーンという仮想通貨を使う人同士がネットワーク上で取引履歴を相互に確認できる方法が取り入れられています。

このブロックチェーンでは、仮想通貨を使った取引が行われるとその履歴が記録されます。これによって過去現在までの全ての取引履歴が記録されいつでも確認することができます。

ブロックチェーンの技術のおかげでデータ上のやりとりが信頼のできるものになっています。

さらに重複した取引や、データの偽装・改ざんなどの対策のために公開鍵暗号を使った暗号科技術を取り入れることで仮想通貨の安全性を確保しています。

海外への送金する手数料は格安で手間がほとんどない

通常、海外へ送金するときは、送金手数料、為替手数料、受取手数料といった手数料や送金するための手続きで手間がかかります。

この手数料はかなり高額なため、出稼ぎで海外から仕送りする場合など負担が大きいです。

仮想通貨の場合は、このような高額な手数料はなく世界のどこへでも一律に数円ほどで送金することができます。送金をする時間もおよそ十数分で完了します。

仮想通貨を使うメリット

では、仮想通貨を使う利点(メリット)はどこにあるのでしょうか?メリットは5つのポイントに分けることができます。

仮想通貨のメリット

中央機関が管理していない

これは特徴の1つ目にお伝えしたことですが、仮想通貨には法定通貨のような中央銀行や政府といった管理者や発行権を持つ機関が存在しておらず、国の状況に左右されない価値をもつことです。

海外への送金する手数料は格安で手間がほとんどない

こちらも特徴の3つ目でお伝えしたことですが、仮想通貨には送金に際して手数料や手間がほとんどかかりません。

週末・祝日・時間・場所によらず、一律の格安な手数料なので海外への送金で仮想通貨を使うことは負担の大幅軽減になります。

自国の通貨の価値に影響を受けない

仮想通貨は、中央機関や国から独立をしているため、たとえ自国の通貨の価値が下がっている時であっても影響を受けず通貨として支払いをすることができます。

銀行の破綻や急激に円の価値が落ちることがあっても仮想通貨を持っていれば、影響を受けることなく通貨を使うことができるということです。

チャージバックの心配がない

ビジネスでお支払い方法を、銀行振り込み、クレジットカード、PayPal支払いなど使う時にはチャージバック(組み戻し)がリスクとしてあります。

仮想通貨の場合は、チャージバックが起こらない仕組みなのでビジネスで使う場合はここもメリットになります。

外国に行っても、両替せずに支払いができる

現在、仮想通貨は世界中で普及しており、その範囲はどんどん拡大しています。

それゆえ旅行などで海外に行った際に、支払いで仮想通貨が使用出来るお店に行けば両替した他国のお金を持っていなくても、クレジットカードなどがなくてもスマホ一つで決済が出来きてしまいます。

これも海外に旅行や仕事でよく行く人にとってはありがたいメリットですね。

このように法定通貨では、問題視されていたことを解消しているのが仮想通貨の利点(メリット)と言えるでしょう。

仮想通貨のメルマガ講座に無料で登録する!

仮想通貨のデメリット

仮想通貨の値段・変動が大きい

ビットコインを例にとってみると分かりやすいかと思います。

ビットコインが運用された当初は、1ビットが数十円の価値が付いていました。しかし、運用開始から数年経った今では1ビットが数万円という価格に上がっています。

現状では、投資的な側面も強いので、暴騰暴落もくりかえしています。値段の上がり下がりは、世界中の情勢や状況も大きな要因になるため、国際通貨という認識をもって世の中の動きを見ながら扱うのがいいでしょう。

仮想通貨のインフラ整備が途上にある

近年の需要の高まりや、手数料の安さから仮想通貨導入する店舗が日本でも増えつつあり、仮想通貨対応のATMや換金所も増えてきているとはいえ、まだまだインフラ整備は途上で、まだまだ十分と言えない状況でしょう。

これからインフラが整備されていくことに期待したいですね。

国による価値の担保はない

政府や中央銀行は仮想通貨を正式な通貨としては承認していません。つまり国による保証はないので完全に自己責任の通貨ということです。

あなたが持っている仮想通貨の価格が急に暴落したり、使用するう中で送金先を間違えるような誤りが起こったとしても、全て自己責任になっており保証はありません。

万が一、お使いのパソコンが、ウイルス感染やサイバー攻撃などを受けてしまい仮想通貨を盗まれるようなことがあったとしても誰も保障してくれないのが現状です。

ウイルス対策など準備をしてから手を出されるといいと思います。

仮想通貨の魅力とは

仮想通貨の魅力は、メリットであげたポイントだけではありません。

今多くの人が注目し、需要が高まっている理由は、投資対象としてとても期待ができる存在でもあるからです。

ビットコインの例にもある通り、プレセール時の価格から大きく高騰するという投資対象として注目が集まっています。

現段階ではその目的で購入する人の方が多いかもしれません。

1万円で交換した仮想通貨が、数年後には何十倍ということが実際に起こっているため、その値上がりの仕方に魅力を感じて購入をする人が多いのでしょう。

仮想通貨の今後どうなるのか?

仮想通貨は、インフラ整備やセキュリティーがどんどん整備され、日本でも仮想通貨で支払いが可能な店舗がかなり増えてきています。

通常、お店がクレジットカード決済のシステムを導入する場合、支払い金額の3%~10%ほどの手数料が引かれているのですがを仮想通貨での支払いをど王乳すれば手数料は格安で済みます。

その利便性ゆえに、今後の益々の普及が予想されます。

歴史的に大きな貨幣の転換期を迎えているのかもしれません。

主な仮想通貨

ビットコイン

世界的に最も普及している仮想通貨です。日本でも少しずつ普及が進んでおり、海外ではかなり持っている人が増えています。

リップルコイン

Googleも出資しているネット決済手段です。ビットコインよりもマーケットは小さいですが、Googleが協賛しているため比較的安心して使いやすいと言われています。

イーサリアム

ビットコインの課題を克服した、次世代型の仮想通貨でシェアはビットコインに次ぐ規模になってきています。

今後が期待出来る仮想通貨の一つです。

まとめ

仮想通貨は、これまでの通貨にはなかった利便性と法定通貨にできないことを可能にしている利点(メリット)があり、そして、価値が高騰していく投資案件としても大きな魅力があります。暗号通貨元年と言われる2017年は、多くの人が手に取る機会に巡り会うことと思います。

しかしながら、デジタル上のものでありデータだから起きるリスクや、途上のインフラ整備のために通貨としてはまだまだ使いにくいという側面もあります

仮想通貨を購入してみようと考えている方は、国や中央銀行などの保証がなく自己責任だということをよく理解した上で、扱っていかれるといいと思います。また世界の情勢やニュースにもよく目を向け世の中の流れを把握していきましょう。

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する