⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ
ここ最近、ビットコインに代表される仮想通貨についての情報をよく耳にするようになりました。

仮想通貨は便利で画期的なものであることはもちろん事実ですが、その特徴から投資目的で所有する人も多く、それゆえ詐欺を疑う人が多くいることも事実です。

「仮想通貨は詐欺だ」ということも聞くけれど、実際のところはどうなのでしょうか。ここでは、仮想通貨やその投資、詐欺についての正しい情報などについて解説します。

仮想通貨とは何?

そもそも仮想通貨とは何なのでしょう。

詐欺かどうかを疑う前に、まずは仮想通貨について最低限の正しい知識を身につけておきましょう。

仮想通貨は管理者や発行主体が存在しない

私たちが普段使っているお金は法定通貨です。

法定通貨の特徴は、国または中央銀行がお金として認め発行しているものです。

これに対し、仮想通貨は国や中央銀行が介在しない通貨。管理者が存在しないため、お金のように通貨の価値をコントロールされることがないのが大きな特徴です。

P2P(Peer to Peer)という仕組みにより、所有者全員が対等の立場で相互に管理をしているため、全ての取引が個人間同士で可能になります。

仮想通貨は発行総量が有限である

仮想通貨はあらかじめ発行枚数の上限が設定されているため、供給量の増減によって誰かに価値をコントロールされることはありません。

需要と供給のバランスによってのみ、価値が決まります。

仮想通貨には国境がない

国が変わると両替が必要なお金とは違い、仮想通貨はその必要がなく世界中のどこでも使うことが可能です。

そのため24時間365日、送金手数料がほぼ無料で世界中に送金が可能です。

スマートフォンさえあれば誰でも使うことができる

仮想通貨を使用するためには、アカウントを作成するだけなので、審査等なく誰でもすぐに使用できます。

世界には身分証等がなく銀行口座を持つことができない人たちがたくさんいます。

仮想通貨はそういった人たちでも簡単に所有することができるため、ますます使用者が増え、需要が拡大されることが予測されます。

なぜ仮想通貨は詐欺だと疑われるのか?

その利便性から、現在日本でも普及し始めている仮想通貨ですが、残念ながら詐欺のイメージを抱かれやすいことも事実です。

仮想通貨が詐欺だと疑われるのにはいくつかの要因が関係しています。

その要因はいったい何なのでしょうか。まずはその要因を確認しておきましょう。

日本人の特性が関係している

日本人は「よく分からないものは怪しい」「新しいもの(だれも使っていないもの)は怪しい」といった具合に、自分が知らない新しいものに関しては懐疑心を抱きやすいといった特性があります。

その日本人の特性があるがゆえに、少し前まで「仮想通貨は怪しい」といったイメージが蔓延し誤解を招いていました。

仮想通貨が投資対象として機能しているから

仮想通貨が詐欺だと疑われる原因として、それがその特徴から投資対象として機能していることも挙げられます。

でもなぜ仮想通貨は投資対象となりえるのでしょうか。

まずは仮想通貨への投資について基本的なことを確認しておきましょう。

仮想通貨の投資とは?

仮想通貨への投資は、一般的に2つの方法があります。

プレセール期間の価格の値上がりを狙って投資する

仮想通貨は、市場に一般公開される前にプレセール期間(約1年前後が多い)が設けられています。

仮想通貨の公開前にある程度の所有者がいる状態にしておくことで、市場への普及と定着をスムーズに行うことが狙いです。

そしてこのプレセール期間は通常数回に分けられており、段階的に値上がりしていきます。

例えばプレセール期間が第1期から第4期まである場合、第1期が一番価格が低く、第4期が一番価格が高いということになります。

そのため早い時期に購入・両替をして投資をすることで必然的にリターンを得ることができるのです。

市場公開後の価値上昇を狙って投資する

仮想通貨の公開後、市場に普及しその必要性と需要が高くなるほど、その仮想通貨の価値も高まります。

その価値上昇をあらかじめ見込んで投資することで、リターンを得ることができます。

仮想通貨の大きなリターンのイメージが強いから

仮想通貨の投資は、一般的に初心者でも大きなリターンを得やすいといった特徴があります。

実際、ビットコインなどの仮想通貨を初期の頃に少額だけ購入していた人が、その後億万長者になったことも事実です。

その信じがたい程の大きなリターンによるインパクトが強いため、それが詐欺のイメージを助長している要因にもなっているのです。

ビットコインの価値の上昇は?

仮想通貨の代表格であるビットコインは、2009年の登場時から4年で約120万倍に価値が上昇しました。そのため初期の頃にビットコインを所有していた人は、ごく少額の投資にもかかわらず億万長者になったのです。

その後ビットコインは少し価値が下がったものの、現段階で考えても93万倍までその価値は上昇しています。

93万倍のリターンとはどのようなインパクトなのか?

ビットコインの価値が93万倍になったと言われてもイメージが湧かないですよね。

そこで具体的な数字で見ていきましょう。

93万倍のリターンとは、100円が何もせずに9300万円になったということです。

1000円だと9億3000万円、1万円だと93億円ということです。

仮想通貨はなぜ大きなリターンが得られるのか?

仮想通貨のような大きな値上がりは、どんな投資やギャンブルでも起こりえません。

しかし現実として仮想通貨では起こっています。

その理由は、今のこの時代がお金そのものが形を変えようとしている(電子化している)その「歪みの中」のタイミングにあるからです。

物体の紙から目に見えない電子への変化というお金の究極的な変化が起こることで、お金そのものの概念が大きく変わろうとしている今の時代だからこそ、そのような大きな値上がりが起こるのです。

仮想通貨は実際は詐欺なのか?

仮想通貨には詐欺と疑われてしまう要因がいくつかありますが、仮想通貨そのもの自体は詐欺ではありません。

ビットコインのように正真正銘、本物の仮想通貨が存在していることは事実です。

しかし、そこに目を向ける人達を利用して、彼らを欺くために詐欺の仮想通貨を生み出している人達がいることも残念ながら事実なのです。

過疎通貨の95%は詐欺

残念ながら、本物の仮想通貨は全体の5%程しかないと言われています。

裏を返せば95%もの偽物、詐欺の仮想通貨が存在しているということです。そのせいで、仮想通貨自体のイメージが悪くなってしまっているのです。

偽物、詐欺の仮想通貨は、プレセール期間に出資者からお金を集めて、公開直前で何らかの理由をつけ計画を頓挫させるのが特徴です。

詐欺の仮想通貨の特徴は?

詐欺の仮想通貨には特徴があります。それをあらかじめ知っておくことで、仮想通貨での詐欺の被害を未然に防ぐことが可能です。それでは一度ここで偽物、詐欺の仮想通貨の特徴を確認しておきましょう。

逆に、本物の仮想通貨はこれらの条件に該当しないのが特徴です。

詐欺の仮想通貨は、その開発やプロモーション、インフラ整備に資金を使っていない

通貨の開発やプロモーション、インフラ整備に資金を使っていない仮想通貨は、セキュリティーレベルが低く、そもそも価値を持ちません。セキュリティーレベルが高いということは、通貨が広く普及していくためには欠かせない要素です。

詐欺の仮想通貨は、プレセールの開始時と終了時の価格差が2倍以上になっている

市場公開前のプレセールの段階で価格が2倍以上になっている仮想通貨は、そもそも市場に定着することを狙っていないため、価値を持ちません。

2倍以上になっていると、公開後にすぐに利益確定をして売ってしまう人が多く出る可能性が高いからです。

詐欺の仮想通貨は、その独自性がなく、その通貨を所有する必要性がない

すでに市場に定着しているビットコインなどの仮想通貨ではなく、その通貨でなければいけない理由が明確でないものは、そもそもその通貨は需要がありません。

よって独自性のない仮想通貨は価値がなく、普及しません。

まとめ

今後ますます普及していくことが予測される仮想通貨ですが、それに伴い詐欺も増えていくことが懸念されています。

私たち使用者、所有者が正しい知識を持つことは、自分の資産を守るだけではなく、そういった詐欺の仮想通貨を減らしていくことにも繋がるのです。

是非正しい知識を身につけ、詐欺に騙されないように準備をしておきましょう。

少しの正しい情報を知っておくだけで、仮想通貨はとても魅力的なものであると確信できるはずです。

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する