⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ

今年、2017年は、4月から仮想通貨法が施行されることもあって、仮想通貨元年と言われています。

仮想通貨法の施行により、ビットコインなどの仮想通貨が、法的にお金として認められるようになるので、仮装通貨=怪しい というイメージも払拭されていくことでしょう。詐欺まがいの仮想通貨は必然的に淘汰されていくことを期待します。

今年の終わりころには、仮装通貨に対する世間の目ががどんなことになっているのか、今から楽しみです。「怪しい怪しい」と言っていた人に限って、ビットコインをバンバン使ってる、なんてことになっているかもしれませんね。

仮想通貨との出会い

代理店になるには?

初めて学んだ仮想通貨は?

私が仮装通貨(暗号通貨)というものを知ったのは昨年初頭でした。

それまで、ビットコインについては、マウントゴックス社の倒産の話題などを聞きかじって、名前くらいは知っているという程度で、自分とは全く関係のない別世界のお話だと思っていました。

そんな私の仮想通貨との出会いは、暗号通貨第一人者、泉忠司氏の塾に参加したのがきっかけでした。なので、私が初めて学んだ仮想通貨はビットコインではなく、今年公開になるエイダコインだったのでした。

そして、仮想通貨の可能性の知識や、歴史が変わるんだという認識を得てワクワクし、迷うことなくエイダコインを交換しました。

仮想通貨という名称について

ノアコイン 公開日

泉氏の塾では、最初から暗号通貨という名称が正しいということを教えていただいたので、今でも、仮想通貨という名称にはかなり違和感があります。

できれば「暗号通貨」という名称、暗号技術を使っているお金であるという実態をきちんと表している名称に統一してほしいですが、法律の名称も「仮想通貨法」のようなので、日本では仮想通貨という名称が定着してしまうのか、とそれがちょっと不満です。

仮想通貨を学んでみて、私が感じた仮想通貨の魅力

フィリピンに仮想通貨ノアコインの必要性

投機・投資対象としての魅力

仮想通貨の魅力といえば、まずはじめに投機的魅力があります。

どの仮想通貨も市場公開される前に、プレセールと言って交換、両替を受け付け、保有者と資金を集める期間があります。

だいたいは、公開まで1年間くらいをかけて、第1期から第4期まで、期間を区切って徐々に価格を上げて販売します。公開前の安く買える時期に購入して、価値が上がるまで保有していれば、持っているだけで、どんどん価格が上がっていくというのが魅力です。

ほとんどの仮想通貨は、初めに発行上限数が決まっていて需要が増えたから発行数を増やすということはできません。それで、埋蔵量に限りがある金に例えられます。金と同じように、欲しい人が増えれば価値が上がり価格も上がっていくということになります。

仮想通貨の無料メルマガに登録する! ※注目!

ビットコイン

例えばビットコインなら、2009年の公開時から、2013年の4年間で120万倍という驚異的な高騰をしています。2013年の最高価格は、1ビット12万円という価格でした。その後6万円前後に落ち着いていましたが、今年に入り、年頭に15万円という最高値を記録しました。現在は1ビット11万円前後です。

ビットコインに関しては、1ビット100万円まで上がるとみる投資の専門家もいます。

イーサリアム

価格高騰しているのはビットコインだけではありません。

仮想通貨時価総額ランキングの第2位、イーサリアムは、2015年7月に公開された比較的新しい仮想通貨です。ビットコインにはない、契約を書き込めるという機能を持っています。そのため将来性を見込んで保有する人が増え、公開10ヶ月で60倍になりました。時価総額も、たちまちリップルを抜いて第2位に定着しています。

歴史が変わる 社会を変える

第3のIT革命

仮想通貨に使われているブロックチェーン技術は、第3のIT革命といわれています。第1の革命は、パソコンの普及、第2の革命はインターネットの普及、そして第3の革命は、お金の瞬間移動を可能にした仮想通貨の技術です。

仮想通貨の普及により、世界の金融市場が変わってしまうだろうと言われています。手数料で稼いでいた銀行も現在の形を維持していくことが難しいだろうと言われています。日本の3代銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行は、ブロックチェーンの研究にしのぎを削っています。

ブロックチェーン技術により、参加者全員で同じ帳簿を持ち合う分散型管理が可能になり、これまでのような銀行に帳簿がある中央集権型管理だけではなくなります。

この「分散型」というものが、金融に限らず、これからの社会を変えていくキーワードとなるでしょう。

カルダノファウンデーション

私はエイダコインを開発しているカルダノファウンデーションの理念に心を打たれました。

それは「暗号技術の力で平等な世界を創り出す」というものです。

新興国などでは、身分証を持たないゆえに、銀行口座を持てない、保険に入れない、海外にも行けない、という人が多く存在します。証明書がないため経済活動から切り離されてしまうのです。カルダノはそうした人々にブロックチェーン技術を用いてIDを発行する事を可能としています。

そしてカルダノ関連企業は世界中に展開しています。

カルダノファウンデーションは、マン島(イギリス本島とアイルランドの間にある島)に拠点を構え、ゲーム開発をしているカルダノゲーミンググループは、マン島を拠点に香港、ベトナム、カンボジア、マルタ島に開発会社を置いています。

エイダコインを独占販売する、アテインコーポレーションは日本に、カルダノ開発を行っているインプットアウトプットホンコンは、香港に拠点を置いています。

仮想通貨そのものも国境がないですが、カルダノのプロジェクト自体が国境のない世界を展開しているようで、感銘を受けました。

仮想通貨のメリット

イーサリアム

では、ここで仮想通貨のメリットをおさらいしてみましょう。

決済が簡単・速い・安い

スマホでピピッと決済できます。簡単で速いですね。

送金に関しても、365日24時間、世界中のどこからどこへでも瞬間的に送金できます。

手数料が限りなく0に近いと言っていいくらい安い、ということも大事なメリットです。

国境がない

どこの国に行っても、対応している店でなら、両替なしで決済に使えます。

また、デビット付きクレジットカードにチャージしておけば、そのクレジットカードが使える場所で使えます。

対応ATMでは、その国の法定通貨で出金できます。

国の経済政策の影響を受けない

国の経済政策で、預金封鎖やハイパーインフレが起きたとしても、仮想通貨は影響を受けません。

キプロスショックや、ジンバブエのハイパーインフレ時にはビットコインの価格が上がりました。

対応場所の増加

日本では、海外からの旅行者の急増に伴って、ビットコイン決済のできるお店がどんどん増えています。東京オリンピックを見据えてますます増えることでしょう。

昨年初めには約1000店ほどだった対応場所が、昨年末には4000店に増え、今年中には2万店に達するだろうと言われているので、ますます便利になっていきます。

それぞれの仮想通貨の魅力

イーサリアムとは?

仮想通貨には、それぞれ特徴があり、それぞれに存在価値があって、それゆえに、いろいろな種類の仮想通貨が市場にあるわけです。

ビットコインの魅力

世界市場シェアナンバーワン、つまり使える場所が多い、信用性が高い、使っている人が多いので使い道も広い、という魅力があります。

冒頭でも述べた通り、初期投資の旨味の時期は終わったにしても、まだまだ値上がりの可能性はあり、持っている価値は十分あります。

また、仮想通貨は法定通貨と違って値動きの幅が大きいので、FXのように、短期で値動きを利用して売買し、利益を得ることもできるので、いろいろ試してみると面白いですね。

日本の取引所、ビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどで、気軽に入手できます。

エイダコインの魅力

現時点で公開日が、待たれる期待のコインです。プレセールはすでに終了しており、全ての準備が整ってリリースされる日を待っています。

カルダノファウンデーションは、とても法律に対し厳重で、代理店に対しても、儲かるというような誇大広告や、過剰な煽り表現などはとても厳しく禁じていました。つまりそれほど、エイダコインの信用度を落とさないよう慎重に対応しています。

慎重で厳重なあまり、プレセールの開始が度々遅れ、もうこけたんではないか、カルダノ頓挫か?という噂まで流れました。現在も、公開が当初の予定より遅れていますが、今回はあまり心配している人はいないようですね。

公開は待ち遠しいですが、楽しみがあるということはいいことですね。宝くじが当たるのを待つよりはうんと確実な楽しみとして、これも大きな魅力の一つと数えたいです。

公開後、どんな動きになるのか?イーサリアムのように一度急降下したりするのか?そんなことも、関わった人にしか味わえないリアルな体験として貴重だと思います。

エイダコインの詳しい情報はこちら

ノアコインの魅力

これまでこの記事では触れてきませんでしたが、今年1月にプレセールが開始された仮想通貨にノアコインがあります。

ノアコインは、フィリピンの社会問題を解決するべく、開発されている仮想通貨で、他のコインと決定的に違うのは、「利子が付く」ということです。利子は指数関数的に減っていくのですが、40年間にわたって付きます。

ノアコインの運営元、ノアファウンンデーションは、ノアコインを使う場所として、ノアシティという、アミューズメント施設、ショッピングモール、ホテル、カジノの開発を計画しています。

もうこれはただただ、「フィリピンやるなー!!」と脱帽の思いで、見守っていきたいです。

フィリピンはまだ貧困問題も解決途上ということですが、このプロジェクトを成功させれば、世界中が注目する、経済の中心地となるのではないでしょうか?これから人口が減って沈みゆくとも言われる日本も、フィリピンの元気をもらって、沈まないよう頑張っていきたいものです。

ノアコインは、まだプレセール第1期ですので、これから1年余り入手のチャンスがあります。ぜひ、未公開の仮想通貨に参入して、今しかないチャンスをつかみましょう。

ノアコインの詳しい情報はこちら

モナーコインの魅力

いろいろな仮想通貨を調べる中でとても気になる存在がモナーコインでした。

日本発第1号の仮想通貨で、コインのデザインが、2ちゃんねるのキャラクター「おまえモナー」になっています。

モナーコインの特徴は、はじめ2ちゃんねるの中で、それこそゲームのお金のようにやり取りされていたものが、市場に出回ったというところです。

使い方として、YouTubeやTwitterにコインアドレスを貼り付けて投げ銭や寄付もらう、とか、懸賞金がモナーコインで出るゲーム大会の開催とか、2ちゃんねるからできただけあってユーザーたちの遊び心満載のコインです。

AskMonaという、コミュニティがあり、いろいろな方法でモナーコインがもらえます。面白いと思ったのは、短歌マイニング。短歌を投稿することで誰でもモナーがもらえるのだそうです。

ユーザーどうしで面白い使い方のアイディアを出し合っていて、遊びながらも真剣に育てているのがいい感じだなと思います。

ユーザーはみんなゲーム感覚なのかと思いきや時価総額ランキングは、90番代前半をキープしており、市場でも一人前のコインとして育っています。

スタートモナーコイン というサイトで、ウォレット作成から、マイニングの仕組みまで日本語解説を読めるところが、仮想通貨入門者にも使いやすいコインです。

私は、まだ保有していませんが、是非いろいろな貰い方で集めてみたいなと思っています。

モナーコインの詳しい情報はこちら

まとめ

今回は、私が仮想通貨の魅力と感じることを個人的な見解も含めて述べさせていただきました。

投機的魅力ばかりでなく、社会の最前線に関わる面白さを味わえるのも大きな魅力と感じています。これからも、もっといろいろな通貨について学び、より深く関わっていきたいと思っています。

仮想通貨の魅力を少しでもお伝えできたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する