⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ
今回はモナーコインの購入方法や詳細情報について詳しくお伝えしていきたいと思います。

今後注目度が高まるものなので、今回の記事を参考にしてみてください。

暗号通貨元年

今回は少しマイナーな暗号通貨について解説していきます。皆さんは暗号通貨(仮想通貨)と言う言葉を最近よく聞きませんか?世界視点でみると凄く有名な言葉ですが、日本での認知度はまだまだです。

……が、その暗号通貨が実は日本からも誕生していたのです!!それでは日本初の暗号通貨『モナーコイン』について、詳細と購入方法について見ていきましょう!

モナーコインとは?

暗号通貨または仮想通貨という言葉は今年になって聞く事が増えてきました。色々な種類がありますが、なんと!日本初の暗号通貨がこの『モナーコイン』なのです!!

誕生したのは、皆さん馴染みのある(2ちゃんねる)からです。これには私もびっくり!2013年12月23日に初公開されて翌年の2014年1月1日にはブロックチェーンに移行してます。

総発行枚数は1億512万枚ですが、利用範囲はモナーコインネットワーク内のみと限られています。

モナーコインが作成された目的は、2チャンネルのようなネット社会で、よい作品、意見に対して、ちょっとしたお金をプレゼントする「投げ銭」や「チップ」のような使い方をしたいという考えがあるようです。

開発者の思い

Litecoinなどの採掘プール「2chpool」を運営していたわたなべ氏が、2014年1月1日0時0分(UTC)に正式リリースされた。

開発者した方の思いは「ゲーム内の通貨のようなもの」「換金性はない」ようにしたいというのが出発点だったそうですが、現在では実際に取引所で売買したり、ショッピングで使えるようになってきていて、換金性もあり当初の思惑とは変わってきているようです。

基本的にビットコインと比較するところはそこまでないのですが、いくつか例をあげると、発行数が非常に多いこと。
ウォレットの作成にツイッターアカウントだけでできるなど、容易ににやり取りができるようになっている点ですね。

発行数の違いでは、ビットコインが2100万枚、モナーコインは1億512枚と、約5倍ほどの違いがあります。さらに、ウォレット(財布)の作成が容易なので、だれでも簡単に作れるうえに、より匿名性が高いという特徴があります。

モナーコインの取引情報

モナーコインはどちらかというと、ドージコインのように「シャレ」で作られた仮想通貨というイメージが強いです。

仮想通貨として取引所でもやり取りされているので、当初の開発者の思惑とは違いますが換金性も備えており、値上がりを期待して投資対象とみなす人も多いです。モナーコインの本来の目的であるネット内での「チップ」として使用するという考え方だと、値上がりしたり、換金性の高い通貨となってしまうと、チップとして使いづらくなるのではという懸念があるのも頷けます。

日本人からすると、日本発の仮想通貨として、注目を集めていることもあり、有名な方がテレビやネットで語ったりしているので、日本では少しずつですが、認知されてきている通貨になっています。

2014年に1モナーコイン=3.5円で取引されていましたが、一時期90円まで急騰し、その二週間後には20円にまで一気に下落しました。
2016年には4円〜8円の間を推移しているようです。

2017年1月の時点では、暗号通貨ランキング92位という位置にいます。
1位のビットコインが時価総額1兆円を超えているのに比べると、まだ1億ちょいなので、これからの発展が楽しみです!!

モナーコインを利用できる場所はどこ?

ビットコインなどすでに世界的に有名な暗号通貨がありますが、日本で利用出来る場所は限られています。

ですが、ビットコインよりも劣る市場価値が低いこのモナーコインですが、日本では意外と使える場所が複数あるのです。

2ch周辺サービスでの利用は2ch発信の通貨という事だけあって、モナーコインを使用してサービスを受けることができます。そこ以外にもアマゾンギフト券やVプリペイド等への交換や同人誌のネット販売やPCゲームの購入にもモナーコインが使用できるようになってきているのです。

日本円で購入

モナーコインを購入する前に最低限必要な物を揃える必要があります。まず、インターネットに接続されたスマホ、そして、ウォレット(財布アプリ)ですね。

※ウォレットには、公式とオンラインがあり、オンラインはハッキングやサービス停止などのリスクがあるので、出来るだけリスクの低いところを選ぶ事をお勧めします。

日本円でモナーコインを購入する為には、Zaif Exchangeがお勧めです。実際に手続きにかかる所用時間は10分〜くらいのようです。(実際に試した方が写真付きで詳しく解説されてました。)

モナーコインの簡単な購入方法

以下にざーっと手順を書いていくので参考にして見てください。まずは、アカウント解説、そして実際の取引。

取引金額は5万円以下と5万円以上で本人確認書類を必要とするかどうか分かれるそうなので、予定の金額を決めて試してみて下さい。

アカウント解説の手順

Zaifのページにて「新規登録/ログイン」を押して「新規ユーザー登録はこちら」を押し「メルアド」を入力し「私はロボットではありません」を押す。

その時に、画像を選択させられるそうなので頑張って判別してクリアーしましょう!「登録」を押すと入力したメルアド宛にメールがくるのでそこのURLを押します。

そして、パスワードを入力しアカウント開設完了。

実際の取引

口座への入金手続きですが、「基本情報の登録」を押して、名前、フリガナ、住所を入力し「変更」を押します。

次に「入金」を押してみると、「本人確認および電話認証がされていないアカウントの1日の振込限度額は5万円です」と表示されますので、5万円までで良いなら「入金」へ進みます。

※5万円以上ならそちらの手続きに従って進んで下さい。

銀行口座からZaifの専用口座(住信SBIネット銀行の口座)へ日本円を振り込みます。

「入金」を押すと、下の方に振込先口座と振り込む際のこちらの振込名義人の書式(名前と数字4桁のコード)が表示されるので、そちらに「山田太郎 1111」の様に入力して振り込みます。

振込後は、翌日が祝日や土日でなければ、昼頃までには入金が反映されるようです。

いよいよモナーコインの購入


Zaifにログインして、真ん中にある「MONA/JPY」を押します。

その後で、1モナーコインをいくらで買うのか、モナーコインをどれくらいの量買うのかを決めます。注文後は一瞬で決済が終わるので、慎重に考えて下さい。

2017年のモナーコインはどうなるか予想してみた!

 

今年は暗号通貨元年と言われるほど、様々なメディアから注目されている年です。

ビットコイン、イーサリアム、ビットシェアーズ、ライトコイン等のランキング上位組に比べ、モナーコインはなんとか100位以内に踏みとどまっているのが現状です。

数多くある暗号通貨のほぼ全てが、詐欺や淘汰されていくと言われている中で、日本初の暗号通貨「モナーコイン」はどうなっていくのか、これからの時代を先読みしているあなたなら興味をお持ちだと思います。

暗号通貨上位組は最低交換額がだいぶ高くなりビットコインは、1ビット約15万円にまで上昇してますが、モナーコインなら約4000円〜8000円で手に入れることが可能です。

まだ色々と未知数の暗号通貨の世界ですが、様子を見ながら参加するのはこれからの選択肢の一つだと思います。

このモナーコインによって、日本初のモナーコイン長者が誕生すれば、日本における暗号通貨の普及率は格段にあがると期待しています。

暗号通貨元年の今年に少しだけ興味をもって見てみるのもありだと思います。

まとめ

今までは特に興味を一部の人々しか持たなかった暗号通貨が、徐々に一般の方々に広まりつつあります。好むと好まざるとに関わらず時代に必要とされるのならば、暗号通貨はなくてはならない物として私達の生活の一部になっていくことでしょう。

記事を書きながら色々と学んでいくうちに、新しい時代の節目にいられる幸せを感じています。そのお裾分けを少しでも多くの方々にできるように日々精進してまいります。

お金の価値についても経済の面白さについても知れば知るほど今までの固定観念が壊れ未知の刺激が沢山溢れる2017年。

暗号通貨元年も早1ヶ月が過ぎました。皆さんも日本初や世界初とゆう概念に囚われず、新しい物を受け入れそれがどう成長していくのか、必要なのかそうでないのか、これからの世の中がこの暗号通貨を通してどう変化していくのか共に楽しんで学んでいきましょう!

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する