⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

雨後の筍のように乱立する仮想(暗号)通貨。投資家脳ビンビンのアナタも!恐る恐る・・・という初心者のアナタも!疑惑の眼差しで見ているアナタも!それぞれの感性で仮想通貨にご興味をお持ちなのだと思います。

さて、1000種類とも1500種類とも言われる仮想通貨の中で、最近ちょこちょこと聞こえてくるクローバーコインについて、調べてみました。

クローバーコインって何?

フィリピンに仮想通貨ノアコインの必要性

知れば知るほど・・・よくわからなくなります(^-^;)これも、戦略なのかしらと穿ってしまうほど、不思議な仮想通貨です。クローバーコインとは、端的にいうと、リップル(XRP)という大手の仮想通貨で価値を保全した、仮想通貨。です。

はい???

って、なっちゃいますね(笑)

運営元は?

イーサリアム

48ホールディングス株式会社※ヨツバと読みます

  • 設立/1993年11月5日
  • 資本金/1000万円
  • 事業内容/独自仮想通貨の発行と販売、IT技術開発
  • 社長/淡路明人

経営者向けの雑誌「経済界」の2017年1月24日号(No.1082)の特集「2017年注目企業43」の中の、オンリーワン部門に選ばれています。

経済界が発表した「2017年注目企業43」の中に48ホールディングス

その中で、淡路社長が次のように語っています。

「当社では、クローバーコインという仮想通貨を発行しており、それらは仮想通貨の一つであるリップルによって価値の保全をしております。販売にはMLM(マルチレベルマーケティング)を採用していますが、そのシステムによってアジアマーケットにおける雇用促進にもつなげていくというビジネスモデルです。ただし、私はあくまでもモデルを考え、技術を開発する立場。実際の運用に関しては、中田義弘社長が率いる『リリーフインベストメント株式会社』と代理店契約を結び、委託しています。クローバーコインは、現在はポイントシステムですが、今後、活用するための一つの手段として、アプリの開発にも力を注いでいます」

クローバーコインと関係している中田さんって誰?

「クローバーコイン」で検索すると、かなりの確率で検索されるのが、「中田義弘」なる人物です。

この中田さん。とっても「いい人」らしく、クローバーコインそのものよりも、中田さんに惚れ込んでクローバーコインのビジネスに関わっている人も多いなという印象があります。

派手なパフォーマンスはしていないようで、ネット上に情報はあまりありません。日本では数少ない「ビットコイン長者」のようです。

ビットコインで得たお金を使っていろいろな事業展開をしており、その中でも、出身である北海道の発展、そして、アジア諸国の発展に力を入れたいとお考えなのかなぁと思いました。

 

リップルとなんの関係があるの?

イーサリアムとは?

さてさて、本題です。「リップルとなんの関係があるの?」という疑問に対する答えとしては、報酬の一つとして、XRPがもらえるよ。ということだけです。

※リップルとはなんぞや?XRPって何?という方は、リップルを解説しているサイトでご確認くださいませ。

クローバーコインのビジネスに参加するには、一口30,000円のポジションを買うところから始めます。MLMビジネスの形態をとっているので、MLMおなじみのバイナリ報酬プランがあります。

モノの販売はないので、毎月のオートシップ(定期購入)はありません。ひたすら、ダウンライン(紹介者)を増やし続けて、紹介報酬をもらうだけ。プラス、一口につき20%分のXRP(リップルコイン)がもらえます。

30,000円の内訳は、

  • 60% 18,000円 販売報酬(つまり、紹介報酬)
  • 20% 6,000円 運営費
  • 20% 6,000円 XRP

だそうです。うーん。これだけを聞くと、かなり怪しいですね(^-^;)

20%分のXRPで何が嬉しいの?

ノアコインの販売金額と伸び率

クローバーコインのポジションを一口購入したとすると、約 6,000円分のXRPが入手できます。1XRPが0.7円くらいで推移していますので、約8500XRP入手できる計算になります。

※XRPのレートは、ここで確認してくださいね。

将来XRPが値上がりしたと仮定して、すんごい単純計算をすると・・・1XRPが1円になったとしたら8,500円になり、2,500円の利益確定です。

  • 1XRPが10円になったとしたら85,000円になり、79,000円の利益確定です。
  • 1XRPが100円になったとしたら850,000円になり、844,000円の利益確定です。
  • 1XRPが1,000円になったとしたら8500,000円になり、8,494,000円の利益確定です。

この単純計算・・・もういらないですね。スミマセン(笑)

XRPがどこまで高値がつくかは、銀行さん次第なのではないかと思います。もしも、多くの銀行がXRPを採用するとなったら・・・大化けする可能性はありますね。

Googleが出資したのも、そのあたりの将来性を見込んでなんでしょうし、みずほも参入したし、銀行のFintech対応で、仮想通貨はますます伸びるだろうなぁ。

それに伴い、リップルも大活躍!!なんてことになる可能性は捨てきれないなぁ。なんて思っちゃったりします。(独り言)

※このあたりの事情は、リップルを説明しているサイトでご確認ください。

ここにリップルの話もいれちゃうと、話がアチコチに飛んでしまうので割愛します。ゴメンなさい。ちなみに、クローバーコインを紹介している方の中で、「個人ではXRPを買うことができないから、クローバーコインでポジションを買ってXRPを入手するんだ云々」

という説明をしていらっしゃる方がいるそうですが、これは完全に誤報です。

XRPは個人で売買できます。

この取引所がXRP大手の取引所だと思うので、XRPが欲しい方はクローバーコイン経由ではなく、リップルウォレットを作って、直接取引きをしたらよいと思います。

擁護するつもりはありませんが・・・嘘をついているつもりはないのだけれど、中途半端な知識のまま誤った情報を流したりするから、ますます詐欺扱いされちゃうんだろうなぁと、やや気の毒に思えてきたりします。

クローバーコインはXRPを入手するためのビジネスプランではない!

情報が少なすぎる!のが功を奏したのか?あまりにもよくわからないことに業を煮やして(?)直接説明を聞いてみました。

ネットの情報はネガティブなものが多いので、鵜呑みにし過ぎるのはよろしくないと常々思っているのです。
(という私も、こうしてネット配信している事に、ちょっとしたジレンマを感じつつ。)

んで、お話を伺った感想です。

クローバーコインとリップルの関係って・・・壮大な夢物語の、スタート地点のストーリーなのだと思いました。

現実的なことが何一つないので、情報が正確に伝わった人や想起者の夢が理解できた人が少ない。その上に、理解できなかった人の方がネットでの発信力が強くて、ますますネガティブな情報が蔓延していると思いました。

クローバーコインのみなさんがどんなプランを描いているのかをここで書くわけにはいかないので明記しませんが、少なくとも、XRPを入手するためのプランではないということだけは、明言しておきます。

XRPはオマケというか、当座のお駄賃のような存在なのだと思いました。

クローバーコインでやりたいことはもっと別なことで、今から仲間を集めて、まずはインフラを整備しましょうという段階のようです。なるほど、ホーページもフェイスブックページもなにもかもが、「ちゃっちい」わけです(笑)

訴えているのは、イメージだけのように見えます。

うーん。。。わかるけど、もうちょっとスマートにならないもんかねぇと、老婆心ながら思いました。

ガラパゴスのイグアナさんも、まさか、こんな風に使われるとは思わなかっただろうなぁ。

なんて、個人的には、こういう「意識高く行こうぜ!」系は、嫌いではありません(^_-)☆

結局答えは!?

クローバーコインとリップルの関係とは、クローバーコインのポジションを買うと、もれなく20%分のXRPがついてくる♪ただ、これだけの関係でした。

穿った見方をすれば、

クローバーコインビジネスが “こけても” 手元にはXRPが残るでしょ。なら、いーじゃん。XRPはこれからますます成長する要因がたくさんある。

XRPはクローバーコインの「価値を保全してくれる」のだよ!!!ということなのだと思いました。

クローバーコインは始まったばかり

クローバーコインビジネスは、黎明期前の状態のようです。荒地を耕す開拓民のようだと思いました。それは、北海道発のビジネスという背景が、そんなイメージを彷彿させたのかもしれません。

全うに関わっている人々は、「ワクワクがとまらなーい(≧▽≦)」といった感じだったのが印象的でした。

まとめ

初期費用は30,000円からでOK。毎月のオートシップなし。

気楽に始められるというのもウリのようです。私は、詐欺だとは思いませんでしたが、お勧めもしません。あくまでも投資なので、ご自身が納得した上で判断したらよいと思います。

ですが、クローバーコインビジネスに興味があるならば、ネットの情報だけを鵜呑みにせず、“本気で楽しく”クローバーコインビジネスを広げている人からお話を聞いてみたらいいとこれだけは思います。


⇒ LINEグループに今すぐ参加する