⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

最近「仮想通貨」や「フィンテック」といった言葉をよく耳にするようになりました。そんな中、仮想通貨への投資の注目もますます高まっています。注目が集まっている理由はもちろん、仮想通貨が投資対象として魅力があるからです。

そこでここでは、仮想通貨の投資について、また投資する際の心構えなどについて解説します。

記事内目次

仮想通貨とは?

仮想通貨の投資について理解するために、ますは仮想通貨とは何か?について確認をしておきましょう。

管理者や発行主体が存在しない

イーサリアム

仮想通貨は中央銀行のような管理者が存在しないため、通貨の価値をコントロールされることはありません。

P2P(Peer to Peer)という仕組みにより、所有者全員が対等の立場で相互に管理しています。

発行量が有限である

イーサリアムとは?

仮想通貨はあらかじめ発行枚数の上限が設定されているため、供給量の増減によって誰かに価値をコントロールされることはありません。

需要と供給のバランスにより、価値が決まります。

全世界で24時間いつでも使用できる

全ての場所でノアコインが使用できる街が誕生する

仮想通貨には国境が存在しないので、国が違っても両替することなくいつでも送金することができます。

送金手数料がほとんどかからない

フィリピンの大手の会社が参入している

仮想通貨は個人同士で直接取引ができるため、手数料はほとんどかかりません。

これは銀行などの仲介する金融機関が存在しないからこそ実現できることです。

スマートフォンさえあれば誰でも使うことができる

スマートフォンさえあれば誰でも使うことができる

仮想通貨を所有するためにはアカウントを作成するだけなので、審査等なく誰でもすぐに使用することができます。

仮想通貨の投資とは?

そもそも仮想通貨の投資はどのようにするのでしょうか。

またなぜ魅力的なのでしょうか。そして今後の予測は?下記で簡単に解説します。

仮想通貨の投資方法

ここでは一般的な2つの投資方法について解説します。

①プレセール期間の価格の値上がりを狙って投資する

プレセール期間ってなに?

仮想通貨は、市場に一般公開される前にプレセール期間(約1年前後が多い)が設けられています。

仮想通貨の公開前にある程度の所有者がいる状態にしておくことで、市場への普及と定着をスムーズに行うことが狙いです。

プレセール期間に仮想通貨は値上がりしていく

仮想通貨のプレセール期間は通常数回に分けられており、段階的に値上がりしていきます。

例えばプレセール期間が第1期から第4期まである場合、第1期が一番価格が低く、第4期が一番価格が高いということになります。

そのため早い時期に購入・両替をして投資をすることで必然的に稼ぐことができるのです。

②市場公開後の価値上昇を狙って投資する

仮想通貨の公開後、市場に普及しその必要性と需要が高くなるほど、その仮想通貨の価値も高まります。その価値上昇をあらかじめ見込んで投資する方法です。

なぜ仮想通貨の投資が魅力なのか?

大きなリターンが期待できるから

例えば、仮想通貨の代表格であるビットコインは、2009年の登場時から4年で約120万倍に価値が上昇しました。初期の頃にビットコインを所有していた人は、ごく少額の投資で億万長者になったのです。

その後少し価値が下がったものの、現段階で考えても93万倍までその価値は上昇しています。

(93万倍に価値が上昇したとは、100円が9300万円、1000円が9億3000万円、1万円が93億円になったということです。)

仮想通貨はなぜ大きく価値が上昇する(リターンが大きい)のか?

仮想通貨のような大きな値上がりは、どんな投資やギャンブルでも起こりえません。しかし現実として仮想通貨では起こっています。その理由は、今のこの時代がお金そのものが形を変えようとしている(電子化している)その「歪みの中」のタイミングにあるからです。

物体の紙から目に見えない電子への変化というお金の究極的な変化が起こることで、お金そのものの概念が大きく変わろうとしている今の時代だからこそ、そのような大きな値上がりが起こるのです。

仮想通貨の投資は今後も大丈夫?

代理店になるには?

仮想通貨のマーケットは今後ますます拡大する

ノアコイン

仮想通貨は今後ますますマーケットの拡大が予測されているため、日本の政府や銀行も対策に追われています。仮想通貨の時代はまだまだ黎明期なのです。
また仮想通貨の推定市場規模は、6000兆円と言われています。

そのため本物の暗号通貨さえ持っておけば、今後も投資で大きなリターンを得ることができる可能性は大いにあります。

価値が今後も上昇すると考えられるその他の要因

ビットコインは2017年1月現在10万円前後の価値がありますが、アマゾンがビットコイン決済を導入すると、1ビットコイン40万円を超えると言われています。

またある有名なアメリカの投資家は、3年以内にビットコインの価値は100万円を超えると言っており、ビットコインをたくさん買い占めていることも事実です。

さらにフォーブス誌の記事では「トランプ大統領の誕生によりビットコインの価値は180倍になる」ということも述べられているそうです。

仮想通貨の過去の値上がり

ノアコインと泉忠司

すでに市場に公開されている仮想通貨の価値の上昇はどのようになっているのでしょうか。

過去の記録を見ることで、仮想通貨への投資の魅力がわかります。

ビットコイン(bitcoin)

ビットコインは今最も普及しており、仮想通貨の基軸通貨です。2009年の登場時から4年で約120万倍に価値が上昇しました。

イーサリアム(ethereum)

イーサリアムは2017年1月現在、仮想通貨の時価総額ランキング2位でビットコインに次ぐ普及を見せている仮想通貨です。契約(スマートコントラクト)や財産を扱うことができるのが特徴です。

10ヶ月で約60倍に価値が上昇しました。

モネロ(MONERO)

モネロはリンク署名という暗号技術により非常に守秘性が高いことが特徴の仮想通貨です。9ヶ月で約24倍に価値が上昇しました。

ファクトム(Factom)

ファクトムは存在証明が必要なものに関して第三者の公証人なしで証明が可能になることが特徴の仮想通貨です。5ヶ月で約17倍に価値が上昇しました。

オーガー(augur)

オーガーは「未来予測市場」のための分散型プロトコル(プロトコルとはコンピュータ・ネットワークでコンピュータどうしが情報を交換するための通信規約)が特徴の仮想通貨です。

1年6ヶ月で約20倍に価値が上昇しました。

ネム(nem)

ネムはPolという独自のシステムやセキュリティ保護に力を入れていることが特徴の仮想通貨です。

6ヶ月間で約30倍に価値が上昇しました。

仮想通貨の投資の心構え

投資として魅力的な仮想通貨ですが、もちろん注意点もいくつかあります。ここで、投資する際に必要な心構えをおさえておきましょう。

偽物・詐欺の仮想通貨に注意

現在、さまざまな種類の仮想通貨が発行されていますが、上記で紹介したビットコインやイーサリアムのように価値のつく本物の仮想通貨は残念ながらごくわずかで、全体の5%程と言われています。

反対に偽物・詐欺の仮想通貨が95%も占めているのが現状です。価値がつくためには、その仮想通貨が広く普及して需要が高まる必要があります。広く普及し、価値のつく本物の仮想通貨の特徴を下記で簡単に解説します。1つでも該当しないものは、偽物・詐欺の可能性が高いので注意しましょう。

仮想通貨の開発やプロモーション、インフラ整備に資金を使っている

価値のつく仮想通貨は、開発やプロモーション、インフラ整備に資金を使っていて、セキュリティーレベルが高く保たれています。

セキュリティーレベルが高いということは、仮想通貨の普及にはかかせない重大な要素です。

プレセールの開始時と終了時の価格差が2倍以上になっていない

市場公開前のプレセールの段階で価格が2倍以上になっている仮想通貨は、そもそも市場に定着することを狙っていないため、価値を持ちません。
反対に価値のつく仮想通貨は、プレセール時の価格の引き上げが低く設定されているのが特徴です。

通貨の独自性があり、その通貨を所有する必要性がある

価値のつく仮想通貨は、その通貨でなければいけない明確な理由があります。

広く普及していくためには、すでに市場に定着しているビットコインなどの仮想通貨ではなく、その通貨でなければいけない理由が必要です。

仮想通貨の投資は余剰金で

いくら仮想通貨が魅力的で価値上昇が期待できても、あくまでも投資であることを忘れてはいけません。仮想通貨を使用目的ではなく投資目的で持つのであれば、無理な投資は避け余剰金で行うことが大切です。

たとえ偽物や詐欺に該当しない本物の仮想通貨であっても、その本当の価値は市場に公開されてみないと分かりません。またプレセール期間であっても、仮想通貨の開発自体が頓挫する可能性が100%ないとは言いきれません。

仮想通貨は可能な限り分散投資を

仮想通貨を使用目的ではなく投資目的で持つのであれば、可能な限り複数種類に分散投資することも大切です。例えば2017年に注目されている「ノアコイン」と基軸通貨の「ビットコイン」に分散投資するといった感じです。

分散投資することでリスクヘッジができ万が一の場合でも損失が少なくて済みます。

まとめ

仮想通貨ノアコインとフィリピン

仮想通貨は今現在、最も注目を集めている投資方法ですが、その分詐欺が横行していることも忘れてはいけません。

きちんと本物の仮想通貨を見分け、余裕も持った投資を行うことが大切な心構えとなります。


⇒ LINEグループに今すぐ参加する