⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

泉忠司さんの6000兆円規模のマーケットを使った新たなプロジェクトが発足し、注目を集めています。そして、その巨大なプロジェクト(ノアプロジェクト)の中枢を担うのが新しい仮想通貨「ノアコイン」です。

ここでは泉忠司さんとノアコイン、6000兆円のマーケットなどについて解説いたします。

記事内目次

泉忠司さんとは?

ドラゴン桜のモデルになった人

泉忠司さんは多岐にわたる分野で活躍されており、ここで全ての活動をご紹介しきれません。

ここでは代表的なものをいくつかご紹介します。

現役の大学講師

泉忠司さんは横浜市立大学、青山学院大学、日本大学などの有名大学で講師を歴任されています。現在でも国士館大学で講師をしており、現役の大学講師として活動されています。

また高校時代に偏差値30から半年で全国模試1位になった経験から「リアルドラゴン桜」とも呼ばれています。

ベストセラー作家

歴史

泉忠司さんは累計350万部を超える日本を代表するベストセラー作家としても知られています。

書籍の種類も多岐にわたり、受験参考書、ビジネス書、小説など幅広いジャンルで出版されています。

インターネットビジネス業界のトッププレーヤー

泉忠司さんは実業はもちろん、インターネットビジネスでも1年間に40億を稼ぐトッププレーヤーです。

独自のビジネス手法などを伝える塾や講座も多数開講しており、その弟子や塾生もたくさんの方が実績を出しています。

ノアプロジェクトの賛同者

泉忠司さんは、フィリピンで発足したノアプロジェクトの賛同者であり、そのプロジェクトの一環として生まれたノアコインの普及に向けて尽力されています。

6000兆円とは何のこと?

6000兆円は仮想通貨の推定される市場規模

現在、仮想通貨で最も普及しているビットコインは2017年1月現在、時価総額1兆円程と言われています。2016年ごろから「フィンテック」という言葉が金融業界を賑わし、私たち一般の消費者も仮想通貨という言葉をよく耳にするようになりました。

そう、仮想通貨はまだまだ黎明期。今後ますますマーケットの拡大が予測されているため、日本の政府や銀行も対策に追われています。

その仮想通貨の市場が今後どれくらいポテンシャルがあるのか、その推定市場規模が6000兆円と言われているのです。

6000兆円ってどのくらいの市場規模?

仮想通貨の市場が推定6000兆円と言われても、あまりにも額が大きすぎてイメージが湧きにくいですよね。そこで、日本のいくつかの市場と比較してみましょう。

国内で大きな市場と言われているパチンコ市場が約30兆円です。また競馬市場が約9兆円、化粧品の市場も9兆円ほどです。

これらの市場と比較すると、6000兆円という規模がどれほどのものなのかは容易に想像することができます。

推定6000兆円のマーケットがある仮想通貨とは?

そもそも仮想通貨とは何なのでしょう。

その特徴を知ることで、6000兆円ものポテンシャルがあると言われている理由が見えてきます。

仮想通貨は管理者や発行主体が存在しない

私たちが普段使っているお金は法定通貨です。法定通貨の特徴は、国または中央銀行がお金として認め発行しているものです。これに対し、仮想通貨は国や中央銀行が介在しない通貨。

管理者が存在しないため、お金のように通貨の価値をコントロールされることがないのが大きな特徴です。P2P(Peer to Peer)という仕組みにより、所有者全員が対等の立場で相互に管理をしているため、全ての取引が個人間同士で可能になります。

仮想通貨は発行総量が有限である

仮想通貨はあらかじめ発行枚数の上限が設定されているため、供給量の増減によって誰かに価値をコントロールされることはありません。需要と供給のバランスによってのみ、価値が決まります。

仮想通貨には国境がない

国が変わると両替が必要なお金とは違い、仮想通貨はその必要がなく世界中のどこでも使うことが可能です。そのため24時間365日、送金手数料がほぼ無料で世界中に送金が可能です。

スマートフォンさえあれば誰でも使うことができる

仮想通貨を使用するためには、アカウントを作成するだけなので、審査等なく誰でもすぐに使用できます。世界には身分証等がなく銀行口座を持つことができない人たちがたくさんいます。

仮想通貨はそういった人たちでも簡単に所有することができるため、ますます使用者が増え、需要が拡大されることが予測されます。

ノアプロジェクトとは?

ノアプロジェクトはどこが運営をしているの?

ノアプロジェクトは、フィリピンのノアファウンデーション(NOAH FOUNDATION)が運営を行っています。

ノアファウンデーションとは、フィリピン経済の発展と国内に存在する様々な社会問題を解決するために政財界の有志が集まり設立された非営利団体です。

ノアプロジェクトの趣旨は?

代理店になるには?

フィリピンの社会問題(OFWによる送金手数料の問題)を解決するためにスタートしました。その中枢を担うのが、新たな仮想通貨である「ノアコイン」です。

また、ノアコインの街「ノアシティ」の建設も決まっており、フィリピンが国を挙げて問題の解決とフィリピン経済の発展に取り組んでいます。

OFWとは?

OFWとは「Overseas Filipino Workers」の略。海外に出稼ぎに出ているフィリピン人のことです。

OFWの人口は約1000万人に及び、海外で稼いだお金をフィリピンに送金しています。

OFWの経済規模はどのくらい?

OFWの金額は年間で3兆円にもなります。(ちなみにこれはフィリピンの国内GDPの10%を占めています。)

そしてその送金にかかる手数料はなんと年間3500億円にもなるのです。

OFWによる送金市場の社会問題とは?

OFWでフィリピン人が稼いだお金を自国に送金する際に、年間3500億円もの金額が手数料に使われています。これはフィリピン人が稼いだお金が、自国に全て還元されていないということです。

さらにこのOFWの年間送金額は年々増加しています。OFWがフィリピン経済を支えている現在、これはフィリピンの大きな社会問題なのです。

ノアコインとは?

ノアコイン

フィリピンの社会問題を解決するために生まれた仮想通貨

フィリピンのOFW(海外に出稼ぎに出ているフィリピン人)による送金手数料についての問題(年間3500億円もの金額が手数料に使われている)は、すでに言及した通りフィリピンの大きな社会問題となっています。

フィリピン経済はこのOFWが支えている部分が大きいからです。(OFWはフィリピン国内GDPの10%を占めている)フィリピン人が稼いだお金は、フィリピンにより多く還元してほしい。その想いからノアコインが誕生しました。

ノアコインがより広く普及することで、このフィリピンの社会問題が解決されるのです。

ノアファウンデーション(NOAH FOUNDATION)が運営をしている

フィリピンの政財界の有志により設立されたノアファウンデーションが、ノアコインのシステム開発や広告・プロモーション、インフラ整備を行っています。
ノアコインの普及と価値上昇につながることにのみ資本を投下しています。

投資対象として注目されている

講演の反響は!?

ノアコインが投資対象として注目されている理由を下記で簡単に解説します。

前提として、ノアコインが広く普及し価値が高まることが見えているからこそ注目を集めているのは言うまでもありません。

理由1)フィリピンにとって必要性があり社会問題を解決できるから

ノアコインを使用することで、フィリピン人がOFWにより海外で稼いだお金を自国に送金する際、現状払っている高い手数料を少なくすることができます。
手数料を可能な限り少なくし、より多くのお金を本国に送金したいフィリピン人にとって、このノアコインの需要が高まることは目に見えています。

理由2)市場が大きいから

フィリピンのOFWによる送金市場は約3兆円と言われています。ちなみに、ビットコインの市場(時価総額)は約1兆円と言われているので、それと比較してもノアコインの市場の大きさがわかります。
この巨大市場でノアコインが使われるようになることから、広く普及して価値が上がっていくことが期待できます。

理由3)ビットコインの問題点を解決しているから

ビットコインの代表的な下記の問題点をノアコインは解決しています。

  1. 決済完了までに平均10分程度の時間がかかる
  2. プロモーションを行う運営元が存在しないため、一般ユーザーへの普及に時間がかかる
  3. マイニングの際、多くの電力を消費しており、環境破壊に繋がっている

 

ノアコインの今後ついて

ノアコインの価格上昇の秘訣!!

ノアコインは今度どのようになっていくのでしょうか。ここでは、現在分かっていることについて解説します。

プレセール期間は22%価格が引き上げられる

ノアコインのプレセールが2017年1月11日よりスタートしました。今後、第2期から第4期にかけて段階的にノアコインの価格が引き上げられていきます。

そして販売エリアもフィリピン、日本、アジア、世界と徐々に拡大していきます。

第1期プレセール

販売の期間:2017年1月11日〜2月19日

1口の金額:1000ドル

販売対象国:日本・フィリピン

第2期プレセール

販売の期間:2017年4月3日〜5月28日

1口の金額:1140ドル

販売対象国:日本・フィリピン

第3期プレセール

販売の期間:2017年7月24日〜10月1日

1口の金額:1180ドル

販売対象国:アジア

第4期プレセール

販売の期間:2017年12月11日〜2018年4月30日

1口の金額:1220ドル

販売対象国:世界

ノアコイン公開後は保有率に応じて利息がつく

フィリピンの大手の会社が参入している

ノアコインの一般公開の予定日は2018年6月12日です。その公開日の初年度より20%の利息が得られ、以後40年間ずっと配当が得られると発表されています。(利率は指数関数的に毎年減少していきます。)

ノアファウンデーションが大々的にプロモーション活動を行う

ノアファウンデーション(NOAH FOUNDATION)とは、フィリピンの経済の発展、国内に存在する様々な社会問題を解決するために政財界の有志が集まって設立された非営利団体。

フィリピンを代表する様々な企業が入っており、そこからノアプロジェクトが始動され、ノアコインが生まれました。

そのノアファウンデーションが広告プロモーション(テレビCM・インターネットCM・高速道路等の交通広告・フィリピン航空の機内広告など)を行うことが決定しています。

ノアシティという都市開発が進んでいく。

ノアコインが全ての店舗、場所で使える仮想通貨の街「ノアシティ」が建設されることが決定しています。アミューズメント施設やショッピングセンター、ホテル、カジノなどが2017年より段階的に作られていきます。

さらに、このノアシティに建設されるホテルなどの不動産に投資する際、ノアコインでのみの投資になることが予定されているのです。世界中の投資家がノアコインを買い求めることが期待されます。

まとめ

ノアプロジェクトは、6000兆円もの市場がある仮想通貨に関するプロジェクトですが、それだけではなく今後は金融や都市開発までも関わってきて壮大なプロジェクトへと発展していくのが大きなポイントです。

これからもノアコインとノアプロジェクトの動きに注目したいですね。


⇒ LINEグループに今すぐ参加する