⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ
現在、世界に700以上あるとも1000以上あるとも言われる仮想通貨。

その中で、日本発の仮想通貨が2014年1月1日誕生しました。それがモナーコインです。モナーコインは、どこまで価値を上げることができるのでしょうか?世界には通用するのでしょうか?

モナーコインとは?

モナーコインは、日本の巨大掲示板2ちゃんねるのソフトウェア板でMr.Watanabeによって開発された仮想通貨です。

モナーコインは、通貨の発行元が存在しません。モナーコインプロジェクトは、クライアントプログラムの作成、公開は行っていますが、コインの発行、運営はしていません。

利用者が実行しているクライアントプログラムが形成するモナーコインネットワークによって維持され管理人はいません。クライアントプログラムはオープンソースを用いているので、不正な行為は行えない仕組みになっています。

モナーコインは、ごく少額の寄付、投げ銭、C2C(Consumer to Consumer 消費者間取引)でのサービスやコンテンツの売買、今までになかったネットエンターテインメントを、簡単かつ気軽に展開していくための新しいIT テクノロジーです。

おまえモナー

通貨単位表記は「MONA」です。モナーとは、2ちゃんねるのアスキーアートのキャラクターの一つで、正式名称は「おまえモナー」。おまえモナーは、猫ともクマとも言えない謎の動物だとか。。。コインデザインも「おまえモナー」になっています。

よく仮想通貨の説明をする時に人生ゲームのお金の例えを出しますが、猫のような「おまえモナー」がデザインされたモナーコインは、本当におもちゃのお金みたいです。遊び心満載のコインですが、使い道は、意外に多そうです。

総発行量

モナーコインの総発行料は、1億512万枚です。

ビットコインの2100万枚に比べると、約5倍の量が発行されます。

時価総額ランキング

世界中の仮想通貨の時価総額ランキングを、コインマーケットキャップドットコムで見ることができます。

現在、712位まで表示されています。

そしてモナーコインは意外に健闘していて92位です。一時は44位まで上がったこともありますが、現在は90位前後です。

時価総額は、2017年2月1日時点で、約114万ドル日本円で1億3000万円くらいです。

ちなみに時価総額ランキングで、不動の一位ビットコインは約140億ドル、2位イーサリアムは、9億3000万ドルです。

モナーコインレート

モナーコインのレートは、現時点1MONA=2.89083398円。

あまりにも数字が長くて、いったいいくらなの?と思いますが、だいたい、2.89円ということです。公開後の最高値は1MONA=100円超えたこともありましたが、現在は、2.8円前後です。

日本発

モナーコインは、初めての日本発仮想通貨です。2ちゃんねるという掲示板から、いわばコミュニティから始まっているというところに、他の仮想通貨にはない特徴があるかもしれません。

日本発なので、日本語のコミュニティや、サービスが充実しています。

少額から寄付や投げ銭に使うなど、2ちゃんねるのオタク文化の中での使い方もできるし、仮想通貨をちょっと試しに体験してみたいけど、外国のだと英語がわからないし、というユーザーにも、使いやすいものと言えるでしょう。

モナーコイン始め方・入手方法

それでは、モナーコインをどうやって始めるのか、どうやって入手するのか、ということを解説していきます。

まず、財布アプリ(ウォレット)を用意します。モナーコイン用の財布アプリは、Monacoin-Qt 、Monappy などがあります。口座番号に相当するウォレットアドレスが自動的に発生するので、モナーコインを受け取ることができるようになります。

モナーコインを入手するには、3つの方法があります。

誰かにもらう

ニコニコでは、動画、静画、生放送の説明文などに、ウォレットアドレスを貼っておけば、作品を気に入った人が、投げ銭的な感覚でモナーコインを送ってくれることもあります。

AskMona などのサイトでは自主的に配っている人もいるので、そういう人からもらうことができます。

その他

ゲームmonacoin 麻雀Wiki でゲームに参加し、もらう。

ブログや、Twitterにコインアドレスを貼り付け、寄付を募る。

YouTubeやpixicvなどで「monacoin」タグを貼り付けて作品を公開し、投げ銭をもらう。

など、いろいろな方法でモナーコインを手に入れることができます。

また、懸賞などに応募する方法で手に入れることもできます。仮想通貨の懸賞サイトCryptAd では数ある懸賞の中から好きなものを選んで、ウォレットアドレスと、メールアドレスを入力して応募すると、抽選でモナーコインをもらうことができます。

抽選と言っても70%の確率で当たるものもあるので、当選確率を見て高いものを選ぶと良いでしょう。

採掘で手に入れる

実は採掘で手に入れることもできます。採掘ソフトによりコンピューターで大量の計算をし、「当たり」の計算結果を引き当てると、一定量のコインを発行できるというのが仮想通貨の採掘です。金鉱山から金を掘り出すことと同じとみたて、採掘、マイニングという言葉が使われています。

3.取引所で購入する。日本円でモナーコインを買える場所としては、モナックスmonax.jp ザイフZaif Exchange があります。他に、ビットコインとモナーコインの取引が可能な、monatr.jp , allcoin.com などがあります。

モナーコイン使い道

通貨として普通にものを購入したりするのに使うことができます。以下のサイトはモナーコインに対応しています。

デジケット 大規模な同人ショップです。

Monappy UsersPayments 個人レベルでデジタルコンテンツの購入や出品が可能です。買うだけではなく、自分でデジタルコンテンツを作り、売ることもできます。

アイラボファクトリー iPhoneの修理やオリジナルケースを販売しています。

モナオク モナーコインで取引できるオークションサイトです。

アマテン アマゾン 楽天のギフト券が格安で購入できるサイトです。ビットコイン、モナーコインも使えて、アマゾンギフト券は8%オフ 楽天ギフト券は、2.5%オフになります。

モナーコインコミュニティ

AskMona

登録するとモナーコインがもらえるサイトです。投稿したり質問したり、答えたりして、MONAを手に入れることができるコミュニティです。

独自な、活動でモナーコインを盛り上げようというユーザーが集まっているようです。例えば「短歌を読むと誰でもモナがもらえる」短歌マイニングという活動。

例えば、「Monacoin  の広告を駅に出しましょう」指定の2駅の回ったらMona をもらえるという企画。

@tipmona

Twitter アカウントに紐付いたモナーコインの財布を作り、Twitterからモナーコインを簡単に送れるようにする、というサービスもあります。

こうして、モナーコインをいかに面白く使うか、使い道を自分たちで考えて、自分たちで盛り上げ、ユーザーを増やしたり、認知度を上げてコインの価値もあげようという試みは、とても面白いのではないでしょうか?本当に遊び心が、たっぷりの、ちょっと他のコインにはない楽しみを感じます。

ホリエモン堀江貴文氏もモナーコインの価値について言及

ホリエモンこと堀江貴文氏は、日本で仮想通貨の普及がなぜ遅れているのかに言及した時、日本にはビットコイン長者がいないことを原因の一つに挙げています。

今からビットコイン長者になるのは、もう遅いけど、「日本にもモナーコインができた、モナーコインを盛り上げていって、価値が上がっていけば、日本にもビットコイン長者ならぬ、モナーコイン長者ができる。そうしたところで、やっと人々が、お、仮想通貨って儲かるんだ!と気づいていけば、いいのではないか」と語っています。

モナーコインが、2ちゃんねるのコミュニティから発祥したものとして、俳句やイラスト、漫画やゲームなどいわば、サブカルチャー的な側面を支えにする、日本的な特徴を持っていること、オタク文化などとも繋がっていることを考えると、なかなかユニークな発展を遂げる可能性もあるのではないでしょうか?

まとめ

モナーコイン、面白いですね。

実用的な通貨としての面よりも、投げ銭に使うとか、自作の評価をしてもらうツールになったり、タグを張って寄付をもらうとか、コミュニケーションツール、まるでフェイスブックの「いいね」みたいな使い方もできるところが、なんとも言えないです。

もしかすると、メイドカフェ、アニメオタク、コスプレみたいな感じで世界に広まるのかな、なんて思ったりしました。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する