⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

仮想通貨の中で、注目度が高い通貨の一つにリップル(Ripple)があります。なぜリップルコインが人気なの?

ここでは、リップルコインが人気の理由と購入方法についてお伝えします。

リップルコインとは

リップル(Ripple)は、ビットコイン(Bitcoin)と同じように仮想通貨の1種です。現在、ビットコイン以外の仮想通貨は約2,000種類近くあると言われています。

その中で、人気になるであろう通貨がリップルです。

なぜ人気になるだろうと思うか?それには理由があります。

あのグーグル(Google)が出資した仮想通貨だからです。

Googleというと、時価総額が世界ランキング3位にもなりました。世界第3位のGoogleが投資をしたことで、リップルは非常に人気になってきています。

また、Googleだけではなく、Andreessen Horowitz, FF Angel IV, Lightspeed Venture Partners, Vast Ventures, Bitcoin Opportunity Fund, Fortress Investement co. など、シリコンバレーでは有名なベンチャーキャピタルも出資しています。

リップルの始まり

ビットコインを買うとできること

リップルは2004年にカナダの Ryan Fuggerというウェブ開発者より作られました。リップル内の仮想通貨XRPという通貨を使って、いろいろな通貨と直接取引をすることができます。

リップルはビットコインの欠点を補うために開発されたと言われています。

メリット(主な特徴)


  • 銀行を通さないため手数料がかからない。
  • 決済のシステムがビットコインより早く数秒で完結する。

リップルは約2,000種類近くあるの仮想通貨の中でも、時価総額ランキングは常に上位に位置しており、それは流通量が多いということを意味しています。

現在、時価総額ランキングはビットコインが一位となっていますが、リップルは常に2位〜3位に位置しています。XRPというリップルのネットワーク上の通貨を使って、他通貨と取り引きをすることができます。

リップルの発行上限は1000億XRPに決められており、ビットコインよりも多いです。

仮想通貨を投資する目的で買うのであれば、将来性がある、また人の役に立つそういった通貨を選ぶことで、長期的に通貨は上がっていく可能性が高いです。

リップルコイン購入方法

仮想通貨交換所は?

リップルウォレット(財布)の作成


リップルの仮想通貨であるXRPを手に入れるには、まずはウォレット(財布)を作成しなければなりません。

ウォレットは、「r」から始まるリップルアドレス(公開鍵)とシークレットキー(秘密鍵)がペアになっています。

過去リップル社は、公式ウォレット「Ripple Trade」を提供していましたが、2016年3月31日にそのサービスを終了し、エコシステムであるウォレットの分散化を開始しました。

今後は各国のゲートウェイが、国ごとに異なるコンプライアンス「AML/KYC(Anti-MoneyLaundering/Know Your Customer)などに沿って、その役目を負って行く事になりそうです。

リップルのILP(Interledger Protocol)が、今まで金融機関が時間をかけて構築して来たセキュリティーシステムを、有効に適用にしたままスムーズな移行を実現させるでしょう。

ウォレットの作成には、1)身分証明書と、2)住所確認書類が必要です。

海外のウォレットサービスの利用には、英字書類しか提出出来ません。日本人のパスポート保有比率は23%ですので、現時点で国内唯一のサービスを提供している「Mr.Ripple」で作成する事をお勧めします。

「GateHub」などの海外ウォレットは、「パスポート」と有料の住所が英語表記された「銀行取引明細書」が必要です。運転免許証の場合も、「国際運転免許証」でなければなりません。

1)身分証明書(顔写真付き)
パスポート/運転免許証/外国人登録証明書/住民基本台帳カード/学生証など

2)住所確認書類
住民票記載事項証明書/公共料金領収証/納税通知書など

暗号通貨革命では、過去多くのユーザーからフェイスブック宛に、盗難に関する相談を受けています。

今まで唯一トラブルがないのが「Mr.Ripple」です。リップル社の「Ripple Trade」はもちろんの事、公式に推奨していた「GateHub」でさえフィッシング詐欺がありました。「GateHub」に関しては、これ以外でも外部のベイジアコインとの連携の部分でハッキングされたという相談も受けています。

リップルのネットワークは世界共通であり、一度ウォレットを作成しアドレスを取得すれば、後から利便性の高い他社のウォレットへ移行する事も可能です。

ウォレットの選択は個人の自由ですが、XRPだけであればSBIホールディングスがサービスを開始するまで、こちらを選択されるのがベストではないかと思います。なおウォレットの二要素認証(2FA)は必ず行って下さい。

ゲートウェイに登録

ノアコインは詐欺と考えにくい3つの理由


次に、RCLと呼ばれるリップルネットワークの入口であるゲートウェイに登録します。

ゲートウェイはあなたから通貨の預金を引き受け、代わりにネットワークに残高を発行します。

ゲートウェイは、両替所と取引所として機能し、あなたはまずゲートウェイの口座に円を入金し、JPY(IOU)との両替を行います。その後発行されたJPYで、個別の各ゲートウェイが取り扱う仮想通貨(XRPなど)をオーダーブックで購入する事が可能になります。

リップルには相手を信用する「トラスト機能」が存在します。ユーザー同士はゲートウェイから発行されたIOUで支払いを行う事が可能であり、この場合に必要なのは、支払い側と受け取り側が互いに共通のゲートウェイをトラストする事だけです。

リップルのネットワークは世界共通であり、RCLに対応したウォレットさえあれば、世界中のゲートウェイが利用出来ます。

以下の記事では、「Mr.Ripple」のウォレットを使い、他のゲートウェイで取引を開始する方法を説明しています。

「Mr.Ripple」のように、ウォレットとゲートウェイを両方とも提供する会社もありますが、基本的には別物であると考えて良いでしょう。

3、まずはXRPをウォレットのアクティベートの為に手に入れる

プレセール期間の過度な値上がりには気をつける
リップルネットワーク内での活動には、永続性を維持する為の担保として、XRPを少額必要とします。あなたがまず行わなければならないのは、ウォレットをアクティベートする事です。

これは初めに銀行などで口座を開設する際に、少額入金するのと同じです。これには最低20XRPを必要とし、基本的にこの費用は外部に取り出すことは出来ません。

なおリップルでは、他にも以下の担保を必要とします。

  1. 「20XRP:ウォレットのアクティベート」
  2. 「5XRP:相手のトラスト」
  3. 「5XRP:注文の有効」

ウォレットのアクティベートの為のXRPは、ゲートウェイに無料で新規会員登録する事で貰えます。

  1. Mr.Ripple」にアカウント開設完了で100XRP、更に30,000円以上の入金で677XRP
  2. 「東京JPY発行所」に新規会員登録で40XRP、更に10,000JPY以上の入金で25XRP

2017年2月現在、リップル円(XRP/JPY)を購入できる取引所

イーサリアム

東京JPY発行所
※月間出来高 国内1位
※入金・出金手数料(取引にかかる費用)
→入金・出金額の0.498%(出金時は振込手数料もかかる)
※お得なキャンペーン
→会員登録だけで40XRPプレゼント・10,000円以上の入金で25XRPプレゼント

Mr. Ripple
※月間出来高 国内2位
※入金・出金手数料(取引にかかる費用)
→108円(税込)+銀行振込手数料 +トランザクション手数料0.2% ・会※お得なキャンペーン
→員登録だけで100XRPプレゼント。30,000円以上の入金で677XRPプレゼント

CoinCheck
※月間出来高 国内3位
※入金・出金手数料(取引にかかる費用)
→日本円入金 0円 出金 400円
※お得なキャンペーン
→特になし

  1. 手軽に登録、購入ができるのはCoinCheck

  2. 講演の反響は!?

CoinCheckは1026年10月にリップルの取引を開始したことで、リップルの売買高自体はまだまですが、ビットコインなどの仮想通貨の取引所としては3つの中で一番取引が多い取引所です。

手軽に登録ができることに加えて、他の仮想通貨取引も同時に行えることから、CoinCheckを利用される方が増えていると言えます。

CoinCheckが優れている点→手軽に登録、購入ができる点

分散型社会

通常取引所で仮想通貨を購入するまでには、会員登録に加えて身分証の提示や既存ウォレットの登録などの作業が必要なので、取引ができるようになるまでに数日かかります。

それに比べて、CoinCheckの場合は会員登録後、SMSによる電話認証をするだけで購入することが可能です。(1日50000万以上入金する場合は身分証の提示が必要になるようです)

また、CoinCheckの魅力はリップル以外の他の仮想通貨も豊富に取引しているところです。

現在は、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、Lisk、Factom、Monero、Auger、などの時価評価ランキングで上位に位置している人気の仮想通貨を取り扱っています。

  1. 無料でもらえるリップルの量で選ぶならmr.ripple

フィリピンに仮想通貨ノアコインの必要性

Mr.Rippleでは、現在無料の会員登録で最大777XRPが貰えるキャンペーンを実施中です。これはリップルゲートウェイで世界最大のプレゼント率だそうで、ここから登録出来ます。

東京JPY発行所でもXRPのプレゼントキャンペーンを実施していますが、他の取引所に比べて無料でもらえるリップルが断然多いですから、今のうちにmr.rippleへ登録して無料でXRPをもらっておくのという考えもありますね。

リップルとは

ノアコインと怪しい詐欺コインとの違い
リップルとは、インターネットを使った金融取引のためのプロトコルです。

インターネットプロトコルとは


インターネットのプロトコルとは、違うシステム間で情報を相互にやりとりをする為、互換性をもたせ円滑に通信をするためのインターネット上の規則のことです。

インターネットプロトコルは誰が所有しているのか


インターネットプロトコルの所有者は存在しません。

つまり誰もインターネットプロトコルを所有していません、誰もがソフトウェアやビジネス上でインターネットプロトコルを使用することが出来ます。

誰がリップルプロトコルを実行。動かしていくのか?

ノアコインの価格上昇の秘訣!!
リップルプロトコルは、世界中のコンピューター・サーバーのネットワーク上で動作します。リップルネットワークは、金融取引の正確さを検証する為にリップルの数学的アルゴリズムを使用しています。

これまでのXRP出来高で選ぶなら東京JPY発行所

東京JPY発行所は、日本でもっとも古くからリップルを扱っています。日本でのリップルの取り扱い出来高としてはナンバーワンです。

出来高が多い方が活発なやりとりがありますので、無難に一番取引が行われている取引所を選びたいなら東京JPY発行所になります。

リップルチャート(ripplecharts)の見方:公式チャート

現在のXRPの価格を調べるには、リップル社が公式に提供している「ripplecharts.com」で確認する事をお勧めします。

リップルの全てのゲートウェイのオーダーブックの価格を確認する事が出来ます。チャートの英語で表記された項目は以下の内容を表します。


⇒ LINEグループに今すぐ参加する