⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

2017年リップルコインの最新情報!今後の流れと購入・価格の詳細についてのページです。

仮想(暗号)通貨に興味を持っている。投資をしている。などの人はリップルを一度は耳にしたことがあると思います。リップルは現在、仮想(暗号)通貨ランキングでビットコイン、イーサリアムに次いで3位の市場規模を誇っています。

ですが、名前を聞いたことがあるくらいで内容があまり分からない。どこで購入できるか。とリップルについてあまり理解できていない人も多いはずです。そんな人のために最新の情報も踏まえてリップルについてお伝えしていきます。

リップル(Ripple)とは

ノアコイン

ripple(リップル)とは、リップルラボ株式会社が運営するシステム及びサービス名のことです。

よく仮想(暗号)通貨のランキングなどではリップル(Ripple)と表記されていますが、仮想(暗号)通貨の名前ではなくシステム及びサービスの名前と憶えておきましょう。

リップルのサービスってどんなことをしているの?

分散型社会

具体的には下記のようなサービスをしています。

  • XRPという仮想通貨
  • リップルネットワーク(送金・受金)
    IOUというXRP以外の仮想通貨(電子ポイント)
    トレードシステム(クライアント上で仮想通貨同士の取引可能)

リップルの仮想通貨XRP

ノアコイン 公開日

リップルは独自の仮想通貨XRP(リップル)をサービスとして展開しています。XRPはリップルラボ株式会社が発行し、同時に管理もしています。

発行限度枚数は1000億XRPとなっています。そして現在、1XRPの価格は$0.006円台を推移(2017年1月現在)しています。日本円にすると1円も満たない金額です。

リップルコインは正式な名前ではない

リップルの通貨単位はXRPです。数えるときは、1XRP(リップル)と数えます。リップルが仮想通貨自体ではなくシステム及びサービスの名称なので、代わりにXRPが「リップルコイン」と呼ばれることも多いのですが、これは正式名称ではありませんので覚えておきましょう。

リップルネットワークの送金と受金

ノアコインと怪しい詐欺コインとの違い

送金・受金は本来、お金を送る・お金を受けるといった意味ですが、法定通貨での取引はできません。リップルネットワークの意味するお金とは仮想通貨のことで使い方としては法定通貨(例えば日本円)を仮想通貨に両替して送金・受金の取引となります。

IOUというXRP以外の仮想通貨(電子ポイント)

ノアコインの販売金額と伸び率

先ほどリップルの仮想通貨XRPを紹介しましたが、XRP以外の仮想通貨がリップルのサービスで存在します。と言っても各国の法定通貨を電子的記録としているだけです。

Suicaやnanacoのようなものをイメージすると理解しやすいかもしれません。これらも仮想通貨なのです。ちなみにリップルのサービスで扱われている日本円の電子的記録(仮想通貨)はJPYというものになります。

よく日本円をJPYと表現していますが、リップルでのJPYはあくまでも仮想通貨(電子的記録)としてのものを表します。少し理解に苦しむかもしれませんがしっかりと理解し覚えておきましょう。

IOUとは?

フィリピンの大手の会社が参入している

IOUとはI Owe Youの略で日本語訳すると「借用証書」という意味となります。

ですが、実際に使われる意味合いとしては「現物と交換できるトークン」という認識でいてください。もう少しかみくだくとIOUとはビットコインの現物(BTC)と交換できるトークンと覚えておきましょう。

トレードシステム

トレードシステムとは仮想通貨同士での取引が行えるシステムのことです。例えば、リップルからビットコインを購入することができたりします。正確にはビットコインのIOUがRipple上で存在していますので、XRPで購入した後にBTC IOU発行元GWにて出金申請をすることで購入することができます。

また、RippleウォレットにはBitcoinへのブリッジ(自動両替)機能で、送金先にRippleアドレスではなくBitcoinアドレスを指定して送金、Bitcoinを出金することもできます。

リップルの特徴

すべての仮想通貨に魅力があって価値がつくの?

XRPは単一の通貨ではないため、法定通貨であろうが仮想通貨であろうがどんな通貨でも自由に交換することが可能です。加えて、XRPを介した取引は銀行口座が必要なく取引手数料も発生しません。そのため投資の運用コストも削減できますし、取引のリスクも回避できるというメリットがあります。

XRP(リップル)はブリッジ通貨

リップルは、日本円から米ドルに両替する時や、ユーロから米ドルに両替する時など、これらの通貨を瞬時にXRPに変換させリップルのシステムを通過するイメージです。

そのため、XRPは通称「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。XRPを用いた取引では、ビットコインなどの仮想通貨を含めたあらゆる通貨を送受信し、自動両替することができるのです。

リップルを購入するために必要な手順

仮想通貨交換所は?

リップルを購入するには下記の流れで行います。順番が逆になったりするとスムーズに購入ができなくなることがあるので注意してください。

  1. リップルウォレット(リップルの財布)を作成する
  2. ゲートウェイ(取引所)の登録をする
  3. リップルウォレットでゲートウェイ(取引所)を設定する
  4. リップルウォレットでトレード(リップルの購入)をする

 

オススメのゲートウェイ(取引所)

  1. ①東京JPY発行所
  2. ②mr.ripple
  3. ➂CoinCheck

リップルの相場価格は今後どうなる!?

プレセール期間の過度な値上がりには気をつける

個人的に述べるとリップルの相場価格はあまり上がらないと予想します。なぜならリップルの性質的に考えにくいからです。リップルの性質は簡潔に述べると各国の法定通貨でのやりとりが、早く・安く・便利に行えることです。

ですが、相場価格が上昇する理由として需要があるかないかはもちろんですが、どれだけ保有しているかが重要です。

仮想通貨の相場価格が上がる仕組み

仮想通貨は種類にもよりますが、多くの仮想通貨は発行する量が決められています。発行する量が決められているということは、需要(利用)が増えれば増えるほど価値は上がります。

よく仮想通貨の説明で金を例えて説明されることが多いですが、金もまた埋蔵量が決まっているため市場の需要が多ければ多いほど、価格が上昇していきます。

ビットコイン

例えば、ビットコインですと2100万BTCと決められているのです。どれだけ利用されているか、そしてどれだけ保有されているのかによって相場の価格が変わります。ビットコインの価格(1BTCあたり)は日本円で10万円を超えて現在取引されています。(2017年1月)

ですが、そのビットコインも出始めた時は1BTCあたり1円にも満たない価格でした。ですが、需要が増え、保有する人が増加、ビットコインが利用できるお店が増えてきたことにより、現在の価格となっています。

リップル

リップルは、各国の通貨の橋渡しを目的としたコインです。橋渡しとしての目的なので、橋渡しが完了すると多くの人は現金化すると思われます。

例えば、トルコA社の製品を日本B社に輸入するとします。(トルコの法定通貨はリラといいます)そこでお金の流れとしては、トルコA社のお金は国際送金のため、トルコの銀行に流れます。国際送金でトルコの銀行から日本の銀行へお金が流れ、日本の銀行から日本B社へというお金の移動となります。【手続きとして一般的には1週間ほどの時間と5000円ほどの手数料が発生(送金額により異なる)します】

上記の例でリップルを使用すると、トルコA社でリラからリップルに両替し直接日本B社へ送金。日本B社は直接リップルで受け取り日本円に両替することでお金が届きます。この間、時間は作業時間含めて1日もかかりません。そして、手数料もほぼ0%です。

海外送金

トルコA社⇒トルコの銀行⇒日本の銀行⇒日本B社(時間:1週間、手数料:5000円※送金額により異なる)

リップル送金

トルコA社⇒日本B社(時間:1日、手数料0%)

このようにリップルは海外との取引ではとても便利で、早くて、コストパフォーマンスに優れたツールですが、リップルを実際に利用している人はすぐに現金化する傾向があるのも事実です。

まとめ

イーサリアム(Ethereum)とは

たくさん需要があるけどすぐに現金と交換してしまったら、交換時の時は仮想通貨の価値は保有することになり一時的に上がりますが、現金に交換すると仮想通貨を保有しないことになるので、すぐに元の価値に戻ります。リップルの性質上、需要はあるが長期保有することが考えにくいため相場価格はあまり上がらないのではないのいかと思っています。

いかがでしたか?今回は2017年になってのリップルコインの相場や動きについて紹介してきました♪リップルコインについて興味のある方は、今回の記事を参考にして頂ければと思います。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。


⇒ LINEグループに今すぐ参加する