⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

暗号通貨は、株やFXに比べて始めやすく、24時間トレードできる投資案件としてサラリーマンや主婦の副業、資産運用として人気があります。

暗号通貨への投資に人気が高まっている理由をわかりやすくまとめました。

暗号通貨で投資を始めよう!

暗号通貨(Crypto Currency)とは、海外で使われている用語で、日本では仮想通貨という名称で呼ばれています。

暗号通貨投資は今もっとも熱いといわれている新しい投資手法です。

ここでは、暗号通貨の仕組み、用語などを解説するとともに、暗号通貨投資のメリット、デメリット、投資する暗号通貨の選び方などをご紹介します。

暗号通貨とは、どんな通貨なの?

ウィキペディア(wikipedia)で“暗号通貨”と検索すると「暗号通貨(あんごうつうか)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である」と説明されています。

暗号通貨=”お金”?

暗号(仮想)通貨を使った事はありますか?

現在では実際の支払いに使えたり、仮想でありながらしっかりとした資産となりうる仮想通貨も出ています。

暗号通貨として代表的なものにはBitCoin(ビットコイン)があります。

世界的に勢いのある暗号通貨です。

暗号通貨BitCoin(ビットコイン)とは?

暗号通貨は2008年に「Satoshi Nakamoto」という人物が投稿した原文によって始まりました。

その原文を元にして作られたソフトウェアが、世界初の暗号通貨ビットコインです。

「ビットコインって、電子マネーと一緒じゃないの?」と思う人も多いと思います。

※電子マネーとは楽天Edyやnanaco、Webmoneyなどを指します。

確かにBitcoinを電子マネーと捉えている人もいますが、

ビットコインと電子マネーには大きく分けて2つの違いがあります。

 ビットコインと電子マネーの相違点

1、電子マネー:発行元/管理先が存在する
ビットコイン:発行責任者がいない

  1. 2、電子マネーは現金の対価として存在する
    ビットコインはネットワーク内でゼロから生み出される。

 

仮想通貨には次のような特性があります。

  • ・法定通貨と換金性がある。
  • ・暗号化と分散化技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防いでいる
  • ・特定の国家や銀行に依存しない

 

※最近では、無数の仮想通貨が出ている中で、上記特性に当てはまらないものもあるようです。

ビットコインが価値を持つ仕組みがわかる動画

大切なのは、現代のように価値交換の手段にお金のような「中間的媒体」を使う時代では、自分と交換相手が価値交換に使用する媒体をお互いに認めたときに初めてその媒体に価値が生まれるということを理解することです。

ビットコインが支持される理由

中央機関が存在しないというのは、一見デメリットに思えますが、高額な送金手数料が取られる事がありません。例えば、日本からアメリカへ1万円送金する場合、日本円で5000円近くかかる手数料が数十円で済みます。

  • ビットコンは世界共通通貨であること。
  • 仮想通貨は普及すれば、たくさんの使い道が出来ます。
  • 管理や送金などの取り扱いが簡単。
  • 仮想通貨はスマートフォン1つで誰でも購入する事が出来ます。(銀行口座をもつ必要がありません。)
  • 24時間365日送金可能で、すぐに受け取る事が出来ます。

優れた仕組み “ブロックチェーン”と呼ばれる技術がその代表ですが、セキュリティや不正防止の点で高い評価を受けています。

暗号通貨と投資

代理店になるには?

2009年「1BTC=0.00076ドル」という値段がつきました。
それ以降、世界中でビットコイン取引が行われるようになり世に浸透していきました。

2013年にビットコインは過去最高値を更新しています。

価格は127,800円/BTC

発売当初の12万倍です。一体なぜ2013年に価格が急騰することになったのでしょうか。その背景をみていきましょう。

キプロスの金融危機

フィリピンの仕送り問題の緩和に効果がある

国家の財政が破たんしそうになったキプロスは、欧州連合から金融支援を受けることになります。ただその時に条件が提示されました。

※お金を借りるなら、財政再計画を提示してそれを実行しなさい!

キプロスはこの条件を果たすべく、、銀行の預金を封鎖し始め、さらに預金額が多い人には強制的に税金をかけると発表したのです。

その結果、キプロスの銀行に大金を預金していた人たちは慌てて、どのようにして現金を保管するのが最適かを考えます。そこで注目を浴びるようになったのがビットコインです。

預金をビットコインに替えてしまえば預金を封鎖されることなく、課税対象にもなりません。ココからあっという間に口コミでビットコインの噂が広がり、ビットコインへ替える人たちが続出。

この結果、2013年初めは13ドルだったビットコインが大量に買われ、急騰することになったのです。ここから中国の人たちにその噂が広まり、中国でも買われはじめるようになっていきます。

ビットコインは2016年2月には価格は45,000円台でしたが、1年後の2017年1月に15万円台まで高騰しました。
ちょっとしたきっかけで一気に急騰することがあります。

※暗号通貨の投資は、株やFXに比べて始めやすく、24時間トレードできる投資案件として主婦やサラリーマンの副業・資産運用として人気が出ています。

著名なビットコイン長者

ノアシティーの計画
・ジャレッド・ケンナ  ー 推定資産5億円
・ウィンクルヴォス兄弟 ー 推定11億円
・クリストファー・コッホ ー 推定1億円
・ロジャー・バー ー 推定17億円

仮想通貨長者はビットコインだけではありません。

イーサリアム長者など、複数の仮想通貨で長者が誕生しています。

おすすめの投資スタイル

  • ビットコインで稼ぐ
  • プレセール銘柄で稼ぐ
  • 時価総額ランキングで上位の銘柄をいくつか所有して分散投資する

安全な銘柄の選び方

  • 取引量のボリューム
  • ブロックチェーンの技術
  • 開発を手がけたのは誰か
  • 日本円、ビットコインへ換金できるか

仮想通貨の時価総額ランキングのサイトがあります。
現在、TOP10に入っている仮想通貨は何か?など、すぐに確認することができます。

仮想通貨は、0.01BTC(約1,000円)程度から購入できるので、少額投資から始められるのもおすすめのポイントです。

例えば、法定通貨(日本円)を仮想通貨(ビットコイン)へ交換したら、その後は必ずしも円に戻さなくてはいけないということはありません。

最初の法定通貨を仮想通貨に変えるところまでは、中央集権型取引所を使わないといけませんが、その後は自由に違う仮想通貨に交換していくことができるようになります。

ですから、円を一旦ビットコインに交換したら、その後はビットコインをエイダコインのような仮想通貨へ交換することが簡単にできます。ビットコインは仮想通貨の世界では基軸通貨として成り立っているため、他の仮想通貨に簡単に交換できるのです。

仮想通貨の投資が向いている人とは?

専業主婦

子供の学費、貯蓄、老後の備えに

サラリーマンの副業

給料からのお小遣いでは足りない方へ

投資家の資産運用

ローリスク・ハイリターンだから資産運用に最適

まずはビットコインを購入しよう!

ノアコインと怪しい詐欺コインとの違い

何もない状態からビットコインを始めてみたいと思ったら、「ビットコイン取引所、または交換所」から購入するのが適切な最初のステップです。ビットコインを買う前に取引所や交換所の仕組みについての予備知識を入れておくと良いでしょう。

下記の記事を参考にしながら進めていってください。

交換所はあなたとの間で金融商品を直接取引してくれる媒体のことを指します。

ビットコイン交換所では扱う通貨がビットコインであるというだけなのです。

ビットコイン交換所はあなたに提示する交換レートに手数料を含めたり、実際に交換したときにあなたから取引手数料をもらうことで利益を出すビジネスモデルを採用しています。

まず、ビットコイン取引所・または交換所でビットコインを購入します。

日本の取引所には

BtcBox、coincheck、Zaif、bitFlyerなどがあります。

ここでは、coincheckでの購入方法をお伝えします。

ビットコイン購入方法URL

ビットコインを安全に保管するにはウォレットを作ろう

分散型社会

ビットコインなどの仮想通貨には、銀行などの仲介者は存在しません。

そのため、ビットコインを保管したり、他人に送金するときにはビットコインをあらかじめ作成しておく必要があります。


⇒ LINEグループに今すぐ参加する