⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ
ノアコインの相場価格は一年でどのような変化が起きるのか予想するについてのページです。世界の基軸通貨になりえる第二のビットコイン。今回とてつもない仮想通貨(暗号通貨)が誕生しました!

その名もNOAHCOIN(ノアコイン)

この巨大なプロジェクトこそ政府を巻き込み世界で通用するコインとして今業界で大注目を浴びているのです。このプロジェクトの全貌もお伝えしつつ、ノアコインの相場価格が一年でどのような変化をもたらすのか予想していきます。

ノアコインとは?!

ノアコイン プレセール

ノアコインとフィリピンの関係

ノアコインはノアプロジェクトの基に誕生しました。ノアコインはある国の問題を改善することを目的として開発されました。その国とは「フィリピン共和国」です。

フィリピンという国について

OFWによる送金市場の社会問題

フィリピンと聞いてあなたはどう思いましたか?多くの人はフィリピンをイメージすると

  • 治安が悪い
  • 不衛生
  • インフラが整っていない

などと思うかもしれません。

ですがこのイメージはもう昔の話になります。

現在のフィリピンはというと、高層ビルが建ち並び、高級ホテルやカジノ、東京ドーム8個分の広さを誇る超大型ショッピングモールなど急速に発展をとげていて、これからも更なる発展が予測されています。

そんな予測がされる背景には理由があり、フィリピンの人口はここ40年間で3倍に増加しています。

  • フィリピンの人口は約1億100万人(世界12位)
  • 平均年齢は脅威の23歳、
  • ちなみに日本は約1億2000万人(世界11位)
  • 平均年齢は44.9歳となっています。

人口が増えれば国の生産性が上がり経済が豊かになっていきます。

人口密度もフィリピンの首都マニラと東京を比較すると、約3倍で、フィリピンの圧倒的な経済成長を支えているといえます。このように成長が著しいフィリピンですが、最大の特徴でもあり一番の強みと言えるのがアジアで唯一英語が公用語ということです。

英語が話せるということは世界の国々で働くことができるということ。世界の国々に働き口があり、フィリピン政府も海外で働くことを推奨しているのです。

BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)はアジアで圧倒的NO.1です。

BPOとは専門的業務などを外部に委託することで、例えば、アメリカやイギリスなどの有名な企業からプログラミングやコールセンターなど海外から仕事を請け負ったり、はたまた現地に行って仕事をしたりすることです。

フィリピンの輸出産業について

プレセール期間の過度な値上がりには気をつける

フィリピン最大の輸出産業はOFW

OFWとは、Overseas Filipino Workersの略で海外に出稼ぎに出ているフィリピン人をさします。約1000万人(世界4位)のフィリピン人が海外に出稼ぎに出て、その稼いだお金をフィリピンに送金する。

これにより年間3兆円の送金額となっているのです。この額はフィリピン国内のGDP(国内総生産)の10%にもなっています。更にこの送金額は年々増加し、およそ1500億円ずつ増加しています。日本でもよくフィリピン人を見かけますが、この話を聞いて、なるほどと納得している人もいるのではないでしょうか。

ですがこの送金こそがフィリピンの問題となっています。OFPからの送金が年間3兆円に対し、手数料も年間3500億円と相当な手数料が支払われているのです。

そして、この巨額の手数料はフィリピンの大きな社会問題となっています。ノアコインはこれらの問題を解決するべく開発されました。国際送金10%~12%の手数料をほぼ無料にすることができます。

これによりフィリピン人が稼いだお金を、より多く自国へ還元することを目的としているため、フィリピン共和国政府を挙げての一大プロジェクトなのです。

ノアプロジェクトの全貌

ノアコインの価格上昇の秘訣!!

ノアプロジェクトはノアファウンデーションが運営しています。

ノアファウンデーションとは、フィリピン経済の発展と国内に存在する様々な社会問題を解決するべく、政財界の有志が集まってできた組織。

ビットコインは運営元が不透明ですが、ノアコインは運営元が明確となっているため信用性は高いと言えます。

ノアプロジェクトのプロモーション状況

ノアコイン

そして何よりプロモーションがすごい!フィリピン最大級のメディアにてCMを随時放送しグーグルアドワーズ、フェイスブックにも広告。

更には街頭広告、フィリピンエアラインズの全面協力による機内プロモーションを上映。

さらにさらに、インフラ整備としては専用のクレジット一体型プリペイドカードも配布されるとあって、ますます身近な存在となっていくことでしょう。

このようにシステム開発、広告、インフラ整備に資本を投下すると断言しているのです。プロモーション規模の大きさをみてもらうとフィリピンの本気度がうかがえますね。

ビットコインのすべてを凌駕するノアコイン

フィリピンに仮想通貨ノアコインの必要性

ビットコインはいくつか問題点があります。

  1. 決済スピードが平均10分と時間がかかる
  2. プロモーションやインフラ整備などを行う運営元が存在しない
  3. とても多くの電力を消費しているために環境破壊へと繋がっている

これらをすべてクリアしているためノアコインは次世代型の通貨として定着していくことが予想されます。

そして、ノアコイン専用のウォレットも開発されています。

ノアコインだけでなくビットコインやイーサリアムなど他の仮想通貨にも対応されることとあって注目度も高いです。

世界初の暗号通貨の町

ノアシティーの計画

フィリピンは現在も発展が著しく、日々町の開発が進められています。その中でもノアプロジェクトの構想の一つとして、ノアコインの街、通称ノアシティを創ると発表しています。

なんと町全体がノアコインでの決済を導入するのです。ノアシティは首都マニラから目と鼻の先にある空軍跡地でETONCITY(イートンシティ)40ヘクタールの土地を開発して創られます。

ノアシティの構想は現段階で、

  • アミューズメント施設(2017年開始予定)
  • ショッピングモール(2019年開始予定)
  • ホテル、カジノ(2020年開始予定)が組み込まれています。

3年後にはこれらの建物が作られます。

首都マニラからとても近いことから高級住宅街やビジネスの街として人々が集まる活気のある街となることが想像できますね!

ノアコインの相場価格は一年でどんな変化が起きるのか?

ノアコインの販売金額と伸び率

政府が全面協力したノアプロジェクトは期待値が非常に高いと言えます。

相場も1ノアあたり約0.7円(プレセール段階での相場)から一年後は需要が増え、数十円(100倍)または数百円(1000倍)、さらに言うと数千円(10000倍)の相場になる可能性があるのです。

もしあなたが1万円分持っていたとしたら、、、想像するとワクワクしませんか??これは根拠なくお伝えしているのではなくきちんとした背景があり、これらを予測した結果をお話ししています。

相場価格が上がる可能性が高い理由について

なぜなら、OFWによるフィリピン人の送金額だけみても3兆円規模です。しかも今までは高額な手数料が差し引かれた状態で送金を行っていました。

ですが、ノアコインは手数料もほとんどかからず送金できることから、3兆円分の送金手段がノアコインに切り替わることが極めて濃厚だからです。ビットコインの市場規模が1兆円に対し、

ノアコインはOFWの期待値だけでも3兆円という規模です。フィリピンの国内GDPは約30兆円ですから、フィリピン政府公認で広告やプロモーション、ノアシティの構想などにより3兆円を超える規模になることが考えられます。

さらにお話しすると、フィリピンの国内スマートフォン保有率は108%と国民が一台以上持っていることになります。

※ちなみに銀行口座を保有率は30%と日本人の感覚からするととても低い水準ですね。

フィリピン人がスマートフォンを皆持っているということは、ノアコインでのやり取りができる環境がすでに整っているので、公開と同時に凄まじい勢いで伸びていくことが予想されます。

ノアコインの公開予定日について

ノアコイン

※ノアコインの公開予定日は2018年6月12日

気になるノアコインプレセールの日程は、

  • 第一期プレセール期間:1月11日~2月19日(日本・フィリピン)
  • 第二期プレセール期間:4月3日~5月28日(日本・フィリピン)
  • 第三期プレセール期間:7月24日~10月1日(アジア)
  • 第四期プレセール期間:12月11日~4月30日(世界のマーケット)

日本が優先的に販売されることは私たちにとって非常にラッキーです。

なぜ日本が優先的に購入できるのか?それは今回ノアプロジェクトの仕掛人の一人である泉忠司さんという人物が関係しています。

まとめ

ノアコイン 公開日

泉忠司さんは数々の有名大学で英語の講師をされ、本も56冊出版されています。その泉忠司さんはフィリピン政府とのパイプが非常に太く、フィリピンでは白バイが先導するほどの人物です。

そして今回フィリピンの社会問題を改善するべく泉忠司さんもノアプロジェクトの仕掛人となっています。そのような関係性により、日本が優先的にセール対象国となっているのです。

このチャンスは掴みたいところですね!

メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する