⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ
仮想通貨バブル到来について、仮想通貨ビットコインを現金に交換した時に、所得税や消費税、税金ついて、どうなるのかまた、国税庁の情報など詳しく説明してゆきます。

ビットコイン売却時の税金は?

仮想通貨についての国の対応について説明しますね。

特に昨年は、いろいろと日本政府が仮想通貨について対応してきました。

仮想通貨の法案

2016年2月23日に、金融庁が日本国内で、

初めての導入する仮想通貨の法規制案ができることになりました。

通貨、ビットコイン

日本政府が仮想通貨ビットコインを単なる「モノ」。

から法改正で「貨幣の機能」をもつことを日本国が認めました。

そのことを日本経済新聞にて記載されて、法改正することで、正式に、仮想通貨ビットコインは決済手段・法定通貨との交換に使える通貨として認められたのです。

今まで仮想通貨は、怪しい・詐欺では?と思われていたのです。

日本政府の対応

そもそも、仮想通貨の発展で、日本国家の法整備が整っておらず、指標とされいるのは、2014年に公表された参議院での政府答弁です。

ここので仮想通貨ビットコインの見解は、「通貨」「外国通貨」「有価証券」のいずれにも該当せず、その他のモノと同様に課税対象となるというものでした。

その後、自民党が発表した見解では、「仮想通貨は通貨でもモノでもない価値記録という新たなものであり」とされています。

仮想通貨ビットコインは消費税に関する明確な規定はありませんが、自民党が発表した「仮想通貨ビットコインをはじめとする価値記録への対応に関する中間報告」によると、通貨と価値記録、そして価値記録と物・サービスの交換は「消費行為」に該当するため、消費税は課税されるということになりました。

簡単に言うと、日本政府は、あまりこの仮想通貨について詳しく調べていなかったので、細かい法律は作っていなかったのです。

日本国では昨年に急に伸びてきた仮想通貨について、法律が追いついていないのです。

仮想通貨を所持しても、無税

2016年10月に入ってから、国会が仮想通貨は税金の対象外と認めて、日本国民が、仮想通貨を持っていても無税!!となりました。

日本政府としては、この仮想通貨を使い広まってほしい、私は、金融の活性に力をいれてほしいとの意思がくみ取れるほどの対応だと思いました。

ここで注意なのは,仮想通貨を所持することは無税なのですが、円に交換した時は、今現在は、税金がかかります。

ビットコインが非課税に

2017年の春に、財務省と金融庁が、今年の春を目処に「仮想通貨ビットコインをはじめとする仮想通貨の消費税を非課税にする調整に入った」と、日本経済新聞が報じました。

消費税がなくなることで、仮想通貨の「支払い手段」としての期待が高まることが予想されます。

※今、現段階では、非課税が決定したわけではありません。

非課税にしようと調整段階に入ったのです、非課税になるのもまじかになっているのです。

日本円と仮想通貨ビットコインの違いについて

消費税が非課税になることで、より通貨として支払い手段として使いやすくなっているが仮想通貨ビットコインです。

そもそも国が定めた法定通貨とは?

日本の円(紙幣・硬貨)と仮想通貨ビットコインの違いはなんなのか?

管理者(発行元)の違い

●日本の円をはじめとするドルやポンドなどは、法定通貨は、必ず発行元が存在します。

この日本では、日本銀行が発行しいまして、各銀行が窓口となり紙幣を一箇所にまとめています。

これを中央管理型といいます。

●仮想通貨ビットコインには、発行元や管理主体がありません、管理元がありません。

しかし世界中の人々が管理してここでの運用管理となっており、分散管理型といいます。

この仮想通貨には、世界中の人が管理しているので、世界中どこでも使用することができるメリットもあるのです。

保管方法

円(紙幣・硬貨)の保管は、銀行または個人のお財布で管理しているのですが、仮想通貨ビットコインは、インターネットのお金なので、物理的な保管方法はありません。

なので、仮想通貨の取引所なのでの、専用ウォーレット(財布)を作成し、自己管理をします。

銀行での管理、中央管理型は、手数料がかかりますが、分散管理型の管理には、手数料が安くなりメリットがありますが、全て自己管理になります。

仮想通貨への交換方法と課税

日本円(紙幣・硬貨)にはお金がかからないので、もちろん課税もありません。

仮想通貨ビットコインに交換する時には、消費税はかかりませんが、仮想通貨から日本円(紙幣・硬貨)に交換した際には、消費税がかかります。

●日本円  → 仮想通貨 無税!

●仮想通貨 → 日本円 消費税アリ!

※現在、法改正などがあり、変わってくるので注意です。

送金手数料

日本円の送金には、振込手数料などがかかり、海外への送金の場合は手数料が高額になることもあります

勿論、各国の法律や各国の税金などもあり、送れる金額も決められているところもあり、尚且つ、送金時間が2,3日もかかる時もあります。

仮想通貨ですと、非常に安く、安価な手数料ですみ、わずか数分で送金できてしまうのです。

しかも、世界中で共通の通貨なので両替も必要ありません。

使用場所、使える所

日本円は、日本国内であればどこでも使用可能です。クレジットカードを使用すれば、海外でも対応店舗で使用できます。

仮想通貨ビットコインは専用の決済システムが必要なので、国内外問わず、対応店舗で使用できます。

日本国内でも、仮想通貨ビットコインでの支払い可能な店舗は約2,500店舗ですが、2020年のオリンピックに向けて、世界中の人々が買い物が出来るようにと日々、使用可能店舗が増えてきています。

非課税対象となる決済手段

支払い手段として仮想通貨ビットコインでの決済方法は、仮想通貨ビットコインでの支払いです。

つまり仮想通貨 → 円 には消費税がかかるので、そのまま仮想通貨ビットコインで買い物をすることです。

日本国内では、仮想通貨ビットコイン支払い可能店舗が増えている現在です。

仮想通貨の安全性

日本国での仮想通貨人気で、仮想通貨の安全性はどうなのか心配になってきますよね。

仮想通貨ビットコインでの、2014年にあの有名な事件が起こりました。

マウントゴックス事件

仮想通貨の安全性を求めるにはこの事件は外せません。

理由はこの事件により、仮想通貨についてあまり意識が少なかった日本政府が、この事件の被害者が余りにも多かったので、急遽、仮想通貨を取得するにあたって国民を守る法律が作られたのですよ。

この事件の内容は、日本最大の仮想通貨ビットコイン取引所「マウントゴックス」が破綻したというニュースでした。この時のニュースにより初めて仮想通貨ビットコインの存在を知った人が多かったのではないでしょうか。

メディアが一斉に伝えた言葉が「ビットコイン破綻」です。

この間違った報道が、日本では誤解されたまま報道されて以来、仮想通貨の進歩が遅れたことはいうまでもないですね。

●やっぱり怪しい。

●ビットコインはつぶれた!?

●仮想通貨は詐欺

といったイメージが定着してしまったのです。

事件の真相

この事件では、仮想通貨ビットコインは個人管理ですが、このマウントゴックスでは、一括管理して、データーなどの管理を会社自体が取り集めて管理していたのです。

よって会社が破綻した時に、一気に被害が出てしまったのです。

本来の仮想通貨の個人管理なら、会社一社なにか問題が出ても分散管理型なので、何も問題がなかったのです。

このことを踏まえて、仮想通貨ビットコインのセキュリティー対策甘かったと反省面が出てきたのです。

セキュリティー対策

この事件を踏まえて、仮想通貨取引交換所のセキュリティー対策、および法案が作られました。

しっかりとしたセキュリティー対策が取られている仮想通貨取引所は、安全で被害にあうこと少なくなり取引する人も増えてきました。

プログラムの暗号システム自体が危険にさらされてたことはほとんどありません。

しかしこのマウントゴックス事件を知る限り、いかに安全と見えるシステムでも、落とし穴や使う人のミスによって危険が生じることがあつのは事実です。

強化された仮想通貨法

仮想通貨で強化された法案ができ、取引所の開設には免許証などの個人が特定できる身分証明書の提示が義務付けされて、現にほとんどの取引所では、身分証明書の添付がなければ開設できないようになっています。

仮想通貨交換になぜ、身分証明書などが必要なのか?理由がわかってきますよね。

勿論、日本国内だけではなく、世界の国々でも、同様に仮想通貨取引所の開設には免許証などの個人が特定できる証明が必要となってます。

法律による規制があることで。仮想通貨による詐欺銘柄の撲滅や犯罪やテロに悪用されるリスクを低くなりました。

まとめ

仮想通貨は、あくまでも個人管理、全てにおいて自己責任になります。

安くより安全に使用するには、個人の管理とセキュリティー対策が大事です。

これをしっかりと守り、個人の資産の運営を行ってゆきましょう。
メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する