⇒ LINEグループに今すぐ参加する

 

メルマガ
三菱東京UFJ銀行が遂に仮想通貨を発行か?!についてのページです。

日本は今新たな時代へシフトチェンジしようとしています。具体的にいうとフィンテックを取り入れる動きを見せているということ。中でも日本の大手メガバンクの三菱東京UFJ銀行も遂に仮想通貨を発行する動きを見せています。今回は三菱東京UFJ銀行が発行する仮想通貨についてお伝えしていきます。

三菱東京UFJ銀行が遂に仮想通貨を発行か!?

今世界ではフィンテック業界がすごいスピードで躍進、成長を遂げています。ここにきて日本政府も仮想通貨の法律を2017年春に施行させるということで、日本企業もフィンテック(仮想通貨)に関連するサービスを続々と出してきています。

まずは、フィンテックや仮想通貨を初めて聞く人もいるかもしれませんので大まかに説明しておきましょう。

フィンテックとは?

フィンテックとはファイナンス(金融)とテクノロジー(技術)をかけ合わせた造語です。フィンテックを取り入れたサービスが世界的にも急速に広まっています。

インターネットや人工知能などのIT(情報技術)を利用した新しい金融サービス。「Finance(金融)」と「Technology(技術)」をかけ合わせた造語。事業者の大半はIT企業だが、従来の金融機関が担ってきた決済、融資、資産運用、株式売買などのサービスを、国境を超えて瞬時に提供することから、「ネオバンク」とも呼ばれる。

仮想通貨とは?

フィンテックに代表されるのが仮想通貨です。正式には暗号通貨(crypto-(暗号の)currency(通貨))と呼ばれています。日本では仮想通貨と呼ばれていますが、日本人にとってイメージがしやすく以前から使われていたことから、現在も仮想通貨という表現が多く使われています。このページでも仮想通貨という表現を使っています。

代表的な仮想通貨はビットコインです。仮想通貨はビットコインをはじめ約700種類が市場に出ています。送金の手段として従来の送金システムよりもスピード・コスト共に優れ、何より便利に利用できるとして世界的に普及してきています。

ビットコインの特徴

ビットコインは運営元が存在せず、通貨の概念を変えた初めての仮想通貨です。通貨というと国ないし政府が定めることによって信用が生まれ通貨が成り立っています。この場合、運営元は国ないし政府となります。ビットコインの場合は運営元がないので、ビットコインの利用者間との信用で成り立ちます。

ビットコインは発行数が決めらている

ビットコインは発行数が決められています。ビットコインの総発行数は2100万BTC(BTCとはビットコインの通貨単位)となっていて、高度な計算式に基づいたルールに従い発行されます。これにより流通量が制限され、ビットコインの利用者が多ければ多いほどビットコインの相場価格が変動します。

ビットコインはP2Pによるネットワーク

P2PとはPeer to Peerの略で、対等なもの同士で行う通信技術です。これまではサーバにデータがありクライアントがアクセスすることにより情報を引き出す通信方式でしたが、P2Pは個人のコンピューター同士で通信を行います。LINEやSkypeなどもこのP2Pネットワークを利用したアプリとなります。

ビットコインの革新的技術「ブロックチェーン」

ブロックチェーンとはネット上に記録することができる記録簿のようなものです。分散型システムと呼ばれ、P2Pネットワークによりそれぞれの個人コンピューターに取引内容が記録されます。

革新的技術と言われるのは、これを自動で行うことができるからです。また、記録の不正や改ざんもできないシステムでもあり、今後あらゆるビジネスシーンで活用されていきます。

その他仮想通貨の特徴

ビットコイン以外の仮想通貨の特徴はビットコインの送金の手段+αの付加価値が備わっていることです。

例えば、ビットコインを基本としたもので、ビットコインよりも送金スピードが速くなったものや、ビットコインの革新的技術ブロックチェーンとスマートコントラクト(契約の自動化)を組み合わせたものがあったりとビットコインの技術を進化させたものが続々登場しています。

ちなみにビットコインは仮想通貨1.0と呼ばれ、その他の付加価値が備わった仮想通貨を仮想通貨2.0と呼ばれています。現在は仮想通貨2.0時代に突入しており、社会的問題が解決するような必要性のある仮想通貨には注目していきたいところです。

三菱東京UFJ銀行の仮想通貨

MUFGコインとは?

MUFGコインとは、三菱UFJフィナンシャル・グループの独自の仮想通貨です。今年(平成29年)中に一般向け発行する方針を固めています。

MUFGコインを発行するにあたり、決済や送金の利便性を上げ、ITを積極的に活用する人たちをターゲットに新たな顧客を開拓するようです。メガバンクの独自通貨の発行は日本で初の試みとして注目を集めています。

MUFGコインの特徴

MUFGコインの特徴は1コイン=1円(日本円)という日本通貨と同じ価値を持つことです。

ビットコインやその他の仮想通貨は相場価格の変動があるのに対し、MUFGコインは日本通貨と同じ価値として定義します。メガバンクならではの資金力と信用力により成り立つことができるのです。

MUFGコインで具体的に何ができるようになるの?

MUFGコインを利用することで、利用者同士の手軽なやり取りが可能となります。例えば、スマートフォンで簡単に割り勘ができたり、安く早く送金できたりするようになります。

また、割安な手数料で外貨に交換できたりと従来のお金の移動時に発生する手数料などが非常に安く行えるということです。また、いろいろな店舗と提携することで支払いをMUFGコインで行うこともできるようになります。

銀行口座が不要になる!?

ウォレットと呼ばれるMUFGコイン用口座の開設もスマホでも作れるということで、より便利なデジタルマネーを気軽に利用できる取り組みであることは間違いないでしょう。

そして、コインを取り込んだスマホをかざせば現金を引き出せる新型ATMの開発も進めているようです。2018年春頃より配備予定で、これが本当に実現すれば、三菱東京UFJ銀行の口座を持たずとも、スマホに取り込んだコインをATMで現金化できるようになります。

なぜ三菱東京UFJ銀行は仮想通貨を発行するのか?

銀行が仮想通貨を発行する意図・最大の目的は大幅なコストカットです。銀行はあなたもご存知の通り金融サービスを提供しています。いわゆる仲介業務を中心としたサービスを展開してますが、今日まで契約や通貨の送金・受金などの仲介に関してはすべて人の手(銀行員)により成り立ってきました。

ビットコイン及び仮想通貨の革新的技術ブロックチェーンを取り入れることにより人の手(銀行員)による作業が無くなります。ブロックチェーンは自動で通貨のやり取り(取引)を記録することができます。

そして何より、不正や改ざんができない仕組みとなっているため、人の手が加わることがあまりありません。少なくとも今までセキュリティを保つべく、巨額のコストがかかっていました。

例えば、大型のコンピューターを設置し、行内すべてのデータを集中管理するためのコスト。コンピューターを設置・管理するためのビルや、バックアップするための大容量サーバなどのコスト。そして、何よりそれらに携わるスタッフたちの人件費は膨大なものに膨れ上がります。しかし、ブロックチェーンを取り入れることによりこれらのコストが大幅に削減されるのです。

まとめ

MUFGコインが一般向けにサービスが始まるのは、仮想通貨の法律が施行されてからでしょう。仮想通貨の法律は今年(2017年)の春を目安に施行されます。法律が施行されることにより日本でも仮想通貨を支払手段の一つとして取り入れる店舗は大幅に多くなると思われます。

ビットコインで支払える店舗は現在約4000か所あると言われています。それが今年の末には20000ヵ所くらいまで増えるだろうと専門家は予測しています。

MUFGコインで支払える店舗が多くなればなるほど需要が高まり、日本国内でも普及していくだろうと思います。既に三菱東京UFJ銀行グループの他にみずほフィナンシャルグループや三井住友ファイナンシャルグループもフィンテック(仮想通貨)の分野に投資をしてMUFGコイン同様、独自の仮想通貨を発行する動きを見せています。

このようにメガバンクも揃ってフィンテックの分野に投資をしています。仮想通貨が出たことにより銀行の存在意義が危ぶまれたことは確かでしょう。
メルマガ


⇒ LINEグループに今すぐ参加する